三浦瑠麗の夫と子供の年齢や性別は?親子ツーショット画像まとめ!
LINEで送る
Pocket

三浦瑠麗さんは、国際政治学者として、「朝から生テレビ」・「ワイドナショー」・「とくダネ」などの情報番組に出演、美人などと多くの視聴者から反響があります。

なお、2003年に三浦清志さんと結婚子供が1人いるので、家族構成についても注目されています。

そんな三浦瑠麗さんについて、夫はどんな人子供の年齢や性別親子ツーショット画像まとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

三浦瑠麗さんの夫はどんな人?

三浦瑠麗さんの夫は三浦清志さんといい、福岡県宗像市出身の日本人の父親とアメリカ人の母親のハーフです。

三浦瑠麗,国際政治学者,タレント,夫,三浦清志なお、年齢は公表されていませんが、三浦瑠麗さんの大学の先輩なので、アラフォーもしくは40代前半となります。

そして、夫の三浦清志さんの出身大学は、東京大学教養学部であり、嫁の三浦瑠麗さんとは別の学部の先輩・後輩という間柄でした。

三浦瑠麗,国際政治学者,タレント,夫,三浦清志そんな2人の出会いは、三浦瑠麗さんの単位1つだけ足りず、別の学部の授業を受けた時であり、学生結婚をされています。

もしも、単位が足りていたら、2人は出会わなかったかもしれないと思うと、まさに運命的な出会いだったことが分かります。

夫の三浦清志さんは、2002年に東大卒業後、外務省に入省され、アジア太平洋局中国課大臣官房総務課に在籍し、外務省組織改変を担当していました。

三浦瑠麗,国際政治学者,タレント,夫,三浦清志下記のような職歴を経て、Tribay Capitalというファンド会社に在籍、マネージング・ディレクターという一般企業の常務をしています。

「マッキンゼー&カンパニー」
「ベインキャピタル」
「セーフレイ・ジャパン」日本支社長

上記の学歴や経歴から、夫の三浦清志さんは、エリート中のエリートだということが分かります。

スポンサーリンク

三浦瑠麗さんの子供の年齢や性別は?

三浦瑠麗さんは、2012年の32歳の時に長女が誕生しており、2020年で年齢は8歳なので小学生です。

なお、名前や学校などの情報は非公表ですが、三浦瑠麗さんのSNSで頻繁に娘との画像が投稿されています。

下記は、三浦瑠麗さんの娘の簡単にまとめた情報です。

名前:非公表
生年月日:2012年?月?日
年齢:8歳

性別:女性

三浦瑠麗,国際政治学者,タレント,子供上記の画像より、スタンプで顔が隠されていますが、母親の三浦瑠麗さんとハーフの父親の娘なので、可愛いことが想像できます。

そして、両親が東大出身の超エリートなので、英才教育をされているのではないでしょうか?

また、母親の三浦瑠麗さんが、コメンテーターとして多くの番組に出演しているので、芸能界デビューという道もあるのではないでしょうか?

なお、実は長女の誕生前である2009年に第一子を妊娠出産しているのですが、残念ながら、お亡くなりになれています。

三浦瑠麗さんは、当時の心境について、インタビューで下記のように語っています。

ちょうど博士論文を書いているときに妊娠していることがわかりました。論文の追い込みと並行しながら、引越をして新生活の準備を整え、なんとか論文を提出。近場への小旅行で少し息抜きできたかなというところで、切迫早産を経験、長女は死産でした。思い返せば、あれもこれもと頑張りすぎてしまったのかもしれません。

寝ても覚めても、論文審査の結果より亡くした子供のことで頭がいっぱいで、自分はキャリアを目ざしてはいけないんじゃないかという気持ちにもなりました。

参考元:Oggi.jp

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


三浦瑠麗さんの親子ツーショット画像まとめ

三浦瑠麗,国際政治学者,タレント,子供三浦瑠麗,国際政治学者,タレント,子供三浦瑠麗,国際政治学者,タレント,子供下記は、三浦瑠麗さんの幼少期の画像であり、一番左側の女の子となりますが、とても可愛らしい子供時代なので、間違いなく娘は可愛いと思います。

三浦瑠麗,国際政治学者,タレント,子供時代そして、一緒に旅行へ行く姿などが頻繁にSNSで投稿されており、とても仲良しな親子であることが分かります。

なお、2016年のボクらの時代に出演した際に、今まで一番つらかった時期として最初の子どもが亡くなった時と語っています。

そのため、そのような悲しい経験があるからこそ、娘との時間を大切にされているのだと思います。

そして、母親の三浦瑠麗さんが才色兼備な女性なので、娘さんも母親と同じように才色兼備な女性に成長していくのではないでしょうか?

そんな美人国際政治学者三浦瑠麗さんの「朝から生テレビ」・「ワイドナショー」・「とくダネ」などの情報番組での今後の活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク

もっと詳しく知りたい人へ!