小芝風花は痩せた【画像】昔と現在までの出演作品から真相を調査!
LINEで送る
Pocket

小芝風花さんは、2014年の「魔女の宅急便」で映画初主演、2016年のNHK連続テレビ小説「あさが来た」のヒロインの娘役を務めるなど注目されている女優です。

なお、ファンや視聴者から「痩せた?」と多くの反響があるため、昔と現在までの出演作品から真相を調査してみました。

そんな小芝風花さんについて、痩せた【画像】Wikiプロフィールまとめ昔と現在までの出演作品まとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

小芝風花さんは痩せた【画像】

【痩せる前の画像】小芝風花,女優,痩せた【痩せた後の画像】小芝風花,女優,痩せた小芝風花,女優,痩せた小芝風花,女優,痩せた

上記の画像より、もともと気にするほどの体型ではないと思います。

ただし、少し丸みを帯びていた顔すっきりしているように見えるので、痩せたと言えると思います。

なお、髪型服装などでもイメージが変わるので、急激に痩せたという訳ではないと個人的には思います。

しかし、小芝風花さんは、インタビューで以下のように-4kgダイエット成功したと語っています。

写真集で水着を着ないといけなかったので。だいたい1日2食にして、お腹が空かない限り食べないというダイエットです。急激に痩せるんじゃなくて、長期で半年くらいかけて落としました。そして今もキープしてます。

参考元:モデルプレス

そして「痩せてから『大人っぽくなったね』って言われることが多くなって、すごく嬉しいです。」と語っており、ファンや視聴者からの反響の通りで痩せたことが分かりました。

スポンサーリンク

小芝風花さんのWikiプロフィールまとめ

小芝風花芸名かと思いましたが、本名同じです。

名前の由来については、松山千春さんの名曲である大空と大地の中でを聞いた母親が「世間の冷たい風に吹かれても、小さくていいからしっかりと根を張って生きて欲しい。」と思いを込めて命名しました。

そんな小芝風花さんについて、どのような女優なのかを知らない人のために、Wikiプロフィールデビューのきっかけ元フィギュアスケート選手という流れで、ご紹介していきます。

小芝風花,女優

小芝風花さんのWikiプロフィール

小芝風花,女優
名前:小芝風花(こしばふうか)
生年月日:1997年4月16日
年齢:23歳(2020年時点)
出身地:大阪府堺市堺区
血液型:A型
身長:157cm
趣味:お菓子作り・編み物
特技:フィギュアスケート
職業:女優
事務所:オスカープロモーション

参考元:Wikipedia小芝風花オフィシャルサイト

小芝風花さん家族構成は、母親・姉の3人家族であり、父親とは離婚しているという情報がありました。

なお、を飼っており、その愛犬の名前小太郎といい、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのオスです。

また、インドア派であり「ほとんど家から出ないです。趣味の編み物や刺繍をやったり、愛犬と遊んだり、映画のDVDを観て勉強したりしています。」とインタビューで語っていました。

スポンサーリンク

小芝風花さんのデビューのきっかけは?

小芝風花さんデビューのきっかけは、イオン×オスカープロモーション ガールズオーディション2011で応募総数3万5000人の中からグランプリを獲得したことです。

小芝風花,女優,デビュー,きっかけ芸能界に興味を持ったのは、スケート姿の浅田真央さんが出演するCMでした。

そして「私もこんなCMに出たい。」と言ったことを聞いた姉がオーディション雑誌を買ってきて、オーディション応募したそうです。

小芝風花,女優,デビュー,きっかけ小芝風花さんは「まさか受かることはないだろう。」と応募書類に規程に合わない競技会用の小さな証明写真を貼り付けて、軽い気持ち応募しています。

なお、小学3年生からフィギュアスケートをしており、このような思わぬ芸能界入りから、当初は「スケートしながら出来るかな?」と両立の可能性も考えていました。

しかし、フィギュアスケート週6回練習が欠かせないものです。

そのため「どちらも甘いものではない」と悩んだ末に、フィギュアスケートを辞め、芸能界入りをする道を選びました。

スポンサーリンク

小芝風花さんは元フィギュアスケート選手?

上記でも紹介していますが、小芝風花さんフィギュアスケートを習っていました。

最初は、器械体操を習っていましたが、荒川静香さんが金メダルを獲得したことがきっかけで、周りの友達の母親に「風花ちゃんはスケートに向いてそうじゃない?」と勧められました。

そして「じゃあやってみよう!」と遊びに行き、非常に楽しかったことから強く興味を持ち「体操よりもスケートを習いたい。」と母親に頼み込んだそうです。

小芝風花,女優,フィギュアスケート小学3年生〜中学2年生までの5年間、母親の全面的な支援のもと二人三脚で打ち込んでいました。

臨海フィギュアSCに所属、フィギュアスケートの有望新人を発掘する野辺山合宿3回参加するほどの実力がありました。

また、全日本フィギュアスケートノービス選手権大会ではノービスダンス優勝を果たしています。

小芝風花,女優,フィギュアスケートそして、大学まで現役選手として頑張り、その後、アイスショーで仕事をし、最終的には、子供達にスケートを教えるインストラクターとして働くという人生設計を描いていたそうです。

ちなみに、オスグッド・シュラッター症候群という病気を2度克服トリプルトウループダブルアクセルなどもマスターしていました。

なお、フィギュアスケートを辞め、女優として活動していますが、ドラマ「スケート靴の約束」では、競技生活を離れて2年間ブランクがあったにも関わらず、華麗なスケーティングを披露しています。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


小芝風花さんの昔と現在までの出演作品まとめ

小芝風花さんは、2012年のドラマ「息もできない夏」で同じ事務所の先輩である武井咲さんの妹役で女優デビューを果たしました。

その後、2014年の映画「魔女の宅急便」で映画初出演ながら映画初主演を務めています。

さらに、2015年の舞台「Dステ 17th 夕陽伝」で舞台初出演にしてヒロインを務めました。

そんな小芝風花さん出演作品について、昔と現在までのドラマ作品まとめ昔と現在までのCM作品まとめという流れで、ご紹介していきます。

小芝風花,女優,昔,現在,出演作品

小芝風花さんの昔と現在までのドラマ作品まとめ

【ドラマ】
2012年「息もできない夏」:谷崎麻央 役
2013年「ドクターX」:五味かおり 役
2014年「GTO」:成瀬つぐみ 役
小芝風花,女優,昔,現在,出演作品
2015年「水戸黄門」:お花 役
2016年「あさが来た」:白岡千代 役
小芝風花,女優,昔,現在,出演作品
2017年「下剋上受験」:小山みどり 役
2018年「新・ミナミの帝王」:偽造屋・矢倉紅 役
小芝風花,女優,昔,現在,出演作品
2019年「トクサツガガガ」:主演・仲村叶 役
小芝風花,女優,昔,現在,出演作品
2019年「ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ」:主演・稲穂みのり 役
2019年「べしゃり暮らし」:ヒロイン・島谷静代 役
2019年「歪んだ波紋」:ヒロイン・森本敦子 役
2020年「美食探偵 明智五郎」:ヒロイン・小林苺 役
2020年「妖怪シェアハウス」:主演・目黒澪 役

【映画】
2014年「魔女の宅急便」:主演・キキ 役
小芝風花,女優,昔,現在,出演作品
2015年「ガールズ・ステップ」:片瀬愛海 役
2017年「天使のいる図書館」:主演・吉井さくら
小芝風花,女優,昔,現在,出演作品
2018年「文福茶釜」:川島涼香 役

参考元:Wikipedia小芝風花オフィシャルサイト

小芝風花さんは、映画「魔女の宅急便」でブルーリボン賞新人賞日本映画批評家大賞新人女優賞を受賞するなど、演技力にも高い評価があります。

さらに、コメディー時代劇・ウォルト・ディズニー・スタジオ制作の実写映画「くるみ割り人形と秘密の王国」の日本語吹替版に参加、主人公声優にも挑戦しています。

そして、2019年のドラマ「トクサツガガガ」では連続ドラマ初主演を務めるなど、女優としての地位を確立しています。

スポンサーリンク

小芝風花さんの昔と現在までのCM出演作品まとめ

【CM】
2012年「イオン『G.G(グランド・ジェネレーション)』」
2013年「Soft bank『ホワイト学割』」
2013年「ガシー・レンカー・ジャパン『プロアクティブ』」
2014・15年「ダイドードリンコ『Miu』」
小芝風花,女優,CM,出演作品
2016・17年「JAグループ秋田『あきたこまち』」
小芝風花,女優,CM,出演作品
2018年「Tik Tok」

2019年「SMBCモビット」
2020年
「CANMAKE」

【PV】
2014年 倉木麻衣「Wake me up」

参考元:Wikipedia小芝風花オフィシャルサイト

小芝風花さんは、CM以外にも日枝神社高校野球センバツ大会警視庁など多くのイメージキャラクターポスターモデルにも起用されています。

なお、和装が似合う女優定評があり、オスカープロモーション晴れ着撮影会にも芸能界入り直後から毎年参加しています。

さらに、あきたこまちCMキャラクターに起用されたCM発表会にて「割と『昭和顔』と言われるので、お着物は自分で言うのも恥ずかしいんですけど、『イケるかもしれへん』って思いました。」と語っています!

また、食べることが好きで「いつかお米のCMとか出たいです。」と公言していたことが実現嬉しかったとも語っていました。

そして「どんな役でもどんと来いと言える女優になりたい。」という理想を持っている小芝風花さんの今後の映画やドラマでの活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク