北勝富士の出身高校大学の相撲経歴!若い頃のエピソードが面白い!
LINEで送る
Pocket

八角部屋所属の北勝富士は、2015年3月場所に初土俵を踏み、最高位は西小結です。

そして、横綱から7個金星を奪うなど平成4年生まれの関取を示す花のヨン組1人です。

なお、相撲界に入る前の出身高校大学時代の相撲経歴が素晴らしく、若い頃のエピソードが面白と相撲ファンの間では噂になっています。

そんな北勝富士について、Wikiプロフィール出身高校大学での相撲経歴まとめ若い頃のエピソードが面白いという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

北勝富士のWikiプロフィール

北勝富士,相撲,力士
名前:北勝富士(ほくとふじ)
本名:中村大輝(なかむらだいき)
愛称:ダイキ
生年月日:1992年7月15日
年齢:28歳(2020年時点)
出身地:埼玉県所沢市
血液型:A型
身長:184cm
体重:164kg
趣味:ダーツ・Youtube閲覧
所属:八角部屋

参考元:Wikipedia日本相撲協会公式サイト

北勝富士本名中村大輝なかむらだいき)といい、押し相撲得意とする力士です。

家族構成は、父親・母親・9つ上の姉の4人家族であり、埼玉県所沢市の出身です。

趣味のダーツは2016年から始めており、リラックス方法として、酒・カラオケ・ヒーリング音楽も取り入れているそうです。

また、暇さえあれば、スマートフォンでYouTube鑑賞をしており「これがなかったら死んでます(笑)」というほどの中毒ぶりと語っていました。

スポンサーリンク

北勝富士の出身高校大学での相撲経歴まとめ

北勝富士は、2015年3月場所で初土俵と踏み、2016年11月場所から入幕を果たしています。

なお、相撲を始めたきっかけは、所沢市のわんぱく相撲で小学2年生・小学3年生の時に続けて同じ相手に負け、準優勝に終わったため、優勝トロフィー欲しさ小学4年生から地元の相撲道場である入間少年相撲クラブに通い始めました。

また、ライバル御嶽海を挙げており、中学時代の頃からライバルとして意識しているようです。

そんな北勝富士出身高校大学での相撲経歴について、出身高校での相撲経歴まとめ出身大学での相撲経歴まとめという流れで、ご紹介していきます。

北勝富士,相撲,力士

北勝富士の出身高校での相撲経歴まとめ

北勝富士の出身高校は、埼玉栄高等学校です。

この高校は、全国屈指の相撲部強豪として知られており、今まで獲得した全国タイトルは、全国高校最多の計19回(インターハイ10回・選抜9回)です。

北勝富士,相撲,力士,高校時代そして、この高校の卒業生には下記の主な力士たちがいます。

豪栄道(大関)・貴景勝(関脇)・妙義龍(関脇)

参考元:Wikipedia

北勝富士は、小学5年生の頃から急激に強くなり、埼玉県内では無敵となりました。

そして、小学6年生の時に、埼玉県の大会で初優勝を果たしています。

所沢市立南陵中学校では柔道部に所属、市大会で優勝しましたが、相撲の大会と日程が重なり、県大会は欠場しています。

中学2年生で立川錬成館に移籍、中学3年生で全国都道府県中学生相撲選手権大会優勝を果しました。

北勝富士,相撲,力士,高校時代高校では、3年生の高校総体優勝高校横綱タイトルを獲得しています。

なお、相撲部の山田道紀監督から、挨拶礼儀相手を思いやる気持ち感謝の心を学びました。

さらに「相撲が取れるのは周囲の人物のおかげであり、決して当たり前のことではない。」ということを学んだそうです。

スポンサーリンク

北勝富士の出身大学での相撲経歴まとめ

北勝富士の出身大学は、日本体育大学体育学部武道学科です。

この大学の相撲部120年以上伝統があり、全日本大学選抜相撲金沢大会初代優勝校でした。

さらに、全国学生相撲選手権大会の団体戦において、2007年と2008年の連覇、2014年など6回優勝を誇ります。

下記は、北勝富士の大学時代の主な経歴です。

東日本学生相撲個人体重別選手権大会135キロ以上級優勝
全国学生相撲選手権大会優勝
国体 相撲競技成年男子の部優勝
個人タイトル13冠

北勝富士,相撲,力士,大学時代なお、この大学の卒業生には下記の主な力士たちがいます。

琴欧州(大関)・嘉風(関脇)・妙義龍(関脇)・千代大龍(小結)

参考元:Wikipedia

北勝富士,相撲,力士,大学時代幕下15枚目格付出資格を取得していましたが、大学まで行かせてくれた両親のことや、当時履修中だった教職課程のことがあり、中退はしませんでした。

そして、4年生の時に幕下付出資格を得られる3大タイトル1つも獲得できず、幕下付出の権利を失ってしまいました。

しかし、大学卒業後、八角親方の相撲に憧れて、八角部屋入門しています。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


北勝富士の若い頃のエピソードが面白い?

北勝富士は「地味でいいんです。宇良関みたいに飛んだり跳ねたりできませんから。それより親方や相撲経験者、長年のファンの方たちから『あいつの相撲はいい』と言われるようになりたい。」と語っています。

北勝富士,相撲,力士そんな北勝富士ですが、乳児期には目を離すとすぐにその場からいなくなる子でした。

そのため、外を歩く時は縄跳びの縄で縛り、犬の散歩のようにして、どこかに行ってしまわないようにされていました。

幼稚園の頃、デパートで迷子になる度に自ら迷子係の所へ行き「お母さんが迷子になっているから、放送してください。」と頼んでいたそうです。

上記から、両親も北勝富士がいなくなっても、心配せずに放送を待つようになっていました。

なお、活発な幼少期より、サッカー水泳など多くのスポーツをしており、おむつをつけている時からやっていたスキーの腕前は、3歳の頃に上級者コースで滑るほどだったそうです。

また、中学3年生の時の全国都道府県中学生相撲選手権大会優勝した時に、嬉しさのあまり気持ちが高ぶって過呼吸になり、団体戦は欠場したというエピソードもあります。

上記のエピソードより、北勝富士は、幼少期から活発な少年であり、非常に熱い男であることが分かりました。

北勝富士,相撲,力士なお、そんな活発で熱い男である北勝富士の現在までの優勝の一覧を下記にご紹介します。

十両優勝:1回
三段目優勝:1回
序二段優勝:1回
技能賞:2回
金星:7個

参考元:Wikipedia日本相撲協会公式サイト

上記のように、まだ幕内優勝はありませんが、横綱から金星7個も奪うなど、強い相撲を取っているので、ライバルである御嶽海に負けないくらいの活躍をし、三役になる日もそう遠くはないのではないかと思います。

スポンサーリンク