八村塁の弟と妹もバスケットボール選手【画像】学歴と凄い経歴まとめ
LINEで送る
Pocket

八村塁選手は、2019年のNBAドラフト1巡目ワシントン・ウィザーズに指名され、渡邊雄太選手に続き3人目日本人NBAプレイヤーになりました。

また、もバスケットボールをしており、兄と同じく将来を期待されている選手です。

そんな八村塁選手について、弟と姉もバスケットボール選手【画像】学歴まとめ凄い経歴まとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

八村塁選手の弟と妹もバスケット選手【画像】

八村塁選手の家族構成は、ベナン人の父親・日本人の母親・4人の兄弟の6人家族です。

なお、4人の子供たちはハーフです。

また、中日新聞の記事より、八村塁選手4人兄弟の長男であることが分かりました。

しかし、父親母親に関する情報がほとんどないので、両親がアスリートだったかは不明です。

【八村塁選手の弟】八村塁,バスケットボール,選手,日本代表,弟

八村塁選手の弟は、八村阿蓮(はちむらあれん)さんといい、1999年12月20日生まれ身長198cmです。

出身中学は世田谷区立梅丘中学校、出身高校は明成高等学校であり、バスケットボール部に所属していますが、どちらの学校もバスケットボールの強豪校です。

また、弟は明成高等学校2年ぶり5度目ウィンターカップ制覇に導いたエースでした。

高校卒業後は、東海大学体育学部競技スポーツ学科に進学し、バスケットボールを続けています。

【八村塁選手の妹】八村塁,バスケットボール,選手,日本代表,妹

八村塁選手の妹は、八村安美菜(はちむらあみな)さんといい、身長174cmであり、小学生の頃は陸上をしていたようです。

出身中学は世田谷区立梅丘中学校、出身高校は明成高等学校であり、バスケットボール部に所属していますが、どちらの学校もバスケットボールの強豪校です。

下記は、弟が兄のゴンザガ大学で奮闘する姿を観に高校3年生の時にアメリカへ行った時の写真です。

八村塁,バスケットボール,選手,日本代表,弟なお、大学での目標について、この時のインタビューで下記のように語っています。

大学でも日本一になることと、将来はプロの選手になって活躍したいです。それから、将来は日本代表で塁と一緒にプレーがしたい。

参考元:Basket Count

上記より、4人兄弟のうち3人がバスケットボールをしていることが分かりました。

そして、兄と弟は将来的に日本代表のチームメイトとして、一緒にプレーする可能性が十分にあると思うので、今後の活躍を楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク

八村塁選手の学歴まとめ

八村塁選手は、幼少期は陸上の短距離野球をやっていましたが、中学時代からバスケットボール部に入りました。

そして、富山市立奥田中学校時代には、第42回全国中学校バスケットボール大会準優勝を果たし、大会ベスト5にも選ばれました。

そんな八村塁選手学歴まとめについて、どのようなバスケットボール選手なのかも含め、Wikiプロフィール出身高校出身大学という流れで、ご紹介していきます。

八村塁,バスケットボール,選手,日本代表

八村塁選手のWikiプロフィール

八村塁,バスケットボール,選手,日本代表
名前:八村塁(はちむらるい)
愛称:るい・はっち
生年月日:1998年2月8日
年齢:22歳(2020年時点)
出身地:富山県
血液型:A型
身長:203cm
体重:104kg
足サイズ:34cm
趣味:不明
特技:短距離、野球
ポジション:SF/PF
所属:ワシントン・ウィザーズ

参考元:WikipediaGonzaga Universiry Athletics

八村塁選手は、中学からバスケットボールを始めており、初心者だったため、上級生はおろか同級生にも歯が立たなかったそうです。

そして、何もできないことが悔しくて休憩時間や練習後にチームメイトに教えてもらっていました

また、バスケットボールへの情熱も熱く、ほぼ毎日、放課後や夜に練習に取り組み、チームの中心へ成長を遂げ、全国中学校大会準優勝を果たしました。

八村塁,バスケットボール,選手,日本代表なお、バスケ部のコーチだった坂本譲治さんは、アメリカの試合を伝える雑誌映像を見せ「頑張れば、将来NBAに行けるぞ。」と繰り返し語りかけたそうです。

上記のように、八村塁選手バスケへの情熱日々の努力はもちろんですが、坂本譲治コーチチームメイトの存在が急成長の大きな要因になっていたのだと思います。

スポンサーリンク

八村塁選手の出身高校はどこ?

八村塁選手の出身高校は、明成高等学校です。

八村塁,バスケットボール,選手,日本代表,高校時代この高校は、1879年創立の宮城県仙台市青葉区川平二丁目にある男女共学の私立高校学校です。

なお、同じ高校出身同じバスケットボール部に所属していました。

八村塁,バスケットボール,選手,日本代表,高校時代また、男子バスケットボール部は2005年に創部されていますが、全国区レベルの強豪校であり、女子バスケットボール部強豪校になりつつあります。

下記は、男子バスケットボール部の主な経歴です。

ウィンターカップ:優勝5回
インターハイ:優勝1回・準優勝3回

参考元:Wikipedia

さらに、卒業生には下記のような主なプロバスケットボール選手がいます。

安藤誓哉選手(秋田ノーザンハピネッツ)佐藤文哉選手(群馬クレインサンダーズ)畠山俊樹選手(新潟アルビレックスBB)

参考元:Wikipedia

スポンサーリンク

八村塁選手の出身大学はどこ?

八村塁選手の出身大学は、ゴンザガ大学です。

この大学は、 1887年創立のワシントン州スポケーンにあるアメリカ合衆国の私立大学です。

そして、NCAA1部の所属でNBA選手を多数輩出しているバスケットボールの名門校です。

八村塁選手は、3月の高校卒業後も大学進学適正試験(SAT)をクリアするため、毎日7時間〜8時間の勉強をしていました。

八村塁,バスケットボール,選手,日本代表,大学時代なお、熱心にゴンザガ大学八村塁選手勧誘したのは、アシスタントコーチのトミー・ロイドさんでした。

しかし、八村塁選手個人練習スキルトレーニングを担当しているイタリア人コーチのリカルド・フォイスさんが、高校2年生の時にU-17世界選手権で対戦したイタリアとの試合を見て、関心を持ったことが、最終的なゴンザガ大学への勧誘につながったそうです。

そして、大学時代の八村塁選手1日のスケジュールは、毎朝8時からウエイトトレーニング1時間位した後、午後3時まで授業をしていました。

その後、だいたい2時間くらいチーム練習、夕食後に個別で勉強をし、コーチやマネージャーと一緒に個人練習をやっていました。

上記のように、大学生活はバスケットボールと勉強漬けの日々であったことが分かります。

八村塁,バスケットボール,選手,日本代表,大学時代また、八村塁選手日々の努力はもちろんですが、下記の2人の存在現在の活躍の原動力になっていると思います。

中川拳さん

彼は大学院にいて、ゴンザガ大学のマネージャーをしている日本人であり、バスケットに集中できる環境をサポートしているそうです。なお、常日頃から、attitude心構え)・effort努力という言葉を伝えており、マインド的な部分でアドバイスをしています。

高橋陽介さん

高校時代のトレーニングを担当していたアスレティックトレーナーです。

なお、高橋陽介さんは、高校時代のトレーニングについて、あるインタビューで下記のように語っています。

高校では、身体をバランス良く使ってプレーできるように、筋力トレーニングはもちろんのこと、ジャンプ力、持久力、背面を鍛えるトレーニングをハードにしてきました。

アメリカの大学で通用するための基礎作りを高校3年間でやったので、筋力がつきやすい20歳くらいに差し掛かるとともに、その成果は出てくると思います。

参考元:Basket Count

上記の2人の存在はもちろんですが、八村塁選手は、あるインタビューで中学時代と高校時代の恩師の存在も大きいと語っていました。

八村塁選手才能を信じ、今後の活躍を期待する多くの人の存在が「NBA選手になる。」という夢の原動力になっているのだと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい


八村塁選手のすごい経歴まとめ

下記は、現在までの主な経歴の一覧です。

中学時代

「全国中学校バスケットボール大会」準優勝

参考元:Wikipedia

高校時代

1年生「ウィンターカップ」優勝
1年生「ウィンターカップ」ベスト4
2年生「ウィンターカップ」優勝
2年生「インターハイ」準優勝
3年生「ウィンターカップ」優勝
3年生「インターハイ」優勝

参考元:Wikipedia

八村塁,バスケットボール,選手,日本代表,経歴

大学時代

2016-17シーズン「WCCトーナメント」優勝
2016-17シーズン「NCAAトーナメント」準優勝
2017-18シーズン「NCAAトーナメント」スウィート16

参考元:Gonzaga Universiry Athletics

八村塁,バスケットボール,選手,日本代表,経歴

日本代表

「日本U-17」(2013年)
「日本U-17」(2014年)
「日本U-17」(2017年)
「日本」(2015年~)

参考元:Wikipedia

八村塁,バスケットボール,選手,日本代表,経歴八村塁選手は、高校時代にウィンターカップ3連覇2年連続ベスト5にも選ばれています。

大学時代にも日本人として、初めてNCAAトーナメントに出場を果たし、準優勝に大きく貢献しています。

そして、日本代表としてもバスケットボールアジアU-16選手権にて、チームの大黒柱として活躍、1998年の田臥勇太選手たちの世代以来、15年ぶり世界選手権への出場を果たしています。

八村塁,バスケットボール,選手,日本代表,経歴また、U-17世界選手権では、アメリカ代表と対戦し122対38で大敗しましたが、チーム得点の38点のうち25点を挙げ、大会得点王(平均22.6点)を獲得しました。

さらに、2015年にはバスケットボール男子日本代表候補高校生選手としては唯一選ばれています。

なお、長谷川健志監督からは「高校生離れしている。」、田臥勇太選手からは「才能がある。羨ましい。」と言われており、今後の日本代表での活躍が期待されています。

そんな3人目日本人NBAプレイヤーとなった八村塁選手の今後の活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク