堂安律の出身中学高校での経歴!現在のフィジカルの強さは昔から?
LINEで送る
Pocket

オランダのPSVアイントホーフェンに所属する堂安律選手は、今度の活躍が期待されている日本代表のプロサッカー選手です。

そして、中学高校時代から、すでに素晴らしい経歴を持ち、昔から現在の世界でも通用するフィジカル強さを兼ね備えていました。

そんな堂安律選手について、Wikiプロフィール出身中学高校での経歴まとめ現在のフィジカルの強さは昔から?という流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

堂安律選手のWikiプロフィール

堂安律選手には3つ上の兄がおり、堂安優どうあんゆう)という名前で、兄もFC長野パルセイロ所属のプロサッカー選手です。

堂安律,プロサッカー選手,日本代表
名前:堂安律(どうあんりつ)
愛称:マラドーアン・大阪の至宝・浪速のメッシ
生年月日:1998年6月16日
年齢:22歳(2020年時点)
出身地:兵庫県尼崎市
血液型:A型
身長:172cm
体重:70kg
利き足:左足
ポジション:ミッドフィルダー
所属:PSVアイントホーフェン

参考元:Wikipediaゲキサカ プロフィールページ

小学生時代は、西宮SSサッカースクール)に所属していました。

このサッカースクールでは、個人技を主体とした指導でサッカーの楽しさを子供たちに指導しています。

このスクールからプロ社会人で活躍する選手、高校の全国大会で活躍する選手も育っているようです。

そして、堂安律選手は、中学進学時にガンバ大阪名古屋グランパスエイトという2クラブのジュニアユースからオファーがありました。

スポンサーリンク

堂安律選手の出身中学高校での経歴まとめ

堂安律選手は、中学進学からガンバ大阪ジュニアユースに入団しています。

そんな堂安律選手の学生時代の経歴について、出身中学での経歴まとめ出身高校での経歴まとめという流れで、ご紹介していきます。

堂安律,プロサッカー選手,日本代表

堂安律選手の出身中学での経歴まとめ

堂安律選手の出身中学は、地元の尼崎市立小田南中学校です。

中学時代にはガンバ大阪ジュニアユースに所属、2012年に史上初となるU-15年代全国3冠を達成しています。

関西サンライズリーグ:優勝3回
JFAプレミアカップ:優勝1回
日本クラブユースサッカー選手権:優勝1回
高円宮杯全日本ユース選手権:優勝1回

参考元:Wikipediaゲキサカ プロフィールページ

ガンバユースジュニア時代には、左右両方をこなせる攻撃的MFとして早くから頭角を現し、上記のような偉業に貢献していました。

堂安律,ガンバ大阪,プロサッカー選手,日本代表

堂安律選手の出身高校での経歴まとめ

堂安律選手の出身高校は、追手門学院高等学校です。

しかし、サッカーへ専念するために、通信制の向陽台高校へ編入しています。

2014年からガンバ大阪ユース所属となりましたが、高校2年生の時にガンバ大阪2種登録選手となりました。

2種登録とは?

Jリーグクラブの日本サッカー協会2種チーム(18歳以下の選手で構成されるチーム)に所属しながら、Jリーグの公式戦に出場することを認められたサッカー選手のことである。

参考元:Wikipedia

下記は、高校時代の主な経歴です。

【ガンバ大阪ユース】
高円宮杯プレミアリーグWEST:優勝1回

【U-19日本代表】
AFC U-19選手権:優勝1回

【タイトル】
AFC U-19選手権:MVP
アジア年間最優秀ユース選手賞

【記録】
クラブ史上2番目の16歳344日で公式戦デビュー
クラブ史上最年少16歳11ヶ月18日でリーグ戦デビュー
Jリーグ初得点:2016年3月20日

参考元:Wikipediaゲキサカ プロフィールページ

高校2年生の時にJリーグでデビュー、高校卒業前にはスタメンで出場、初得点も決めています。

現在は、海外のオランダ最上位リーグのPSVアイントホーフェンでプレーしており、今まで日本代表のA代表に召集されていなかった理由が分からないくらいのスゴイ経歴の持ち主です。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


堂安律選手の現在のフィジカルの強さは昔から?

上記のように、堂安律選手のフィジカルの強さには、サッカーファン・チームメイトも認めており、本人もフィジカルの強さには自信があるようです。

堂安律,プロサッカー選手,日本代表,フィジカルそんなフィジカルが強い堂安律選手ですが、すでにガンバ大阪ユース時代には、左右両方をこなせる攻撃的MFとして早くから頭角を現していました。

そして、レフティでフィジカルが強いことから、同様の特徴を持つガンバユース出身の家長昭博2世と称されていました。

家長昭博選手は、若くから期待を寄せられ天才の名を欲しいままにし、ユースチーム在籍中にトップ昇格を果たしました。

そして、日本代表やスペインのマヨルカでプレー、現在は川崎フロンターレに在籍、チームのJ1初優勝に大きく貢献しています。

上記のように、堂安律選手は、昔からフィジカルの強かったということが分かりました。

そんな堂安律選手のオランダのPSVアイントホーフェン日本代表としての今後の活躍を楽しみに引き続き応援していきます。

スポンサーリンク