蒼井優の若い頃がかわいい【画像】昔と現在のドラマや映画まとめ!
LINEで送る
Pocket

蒼井優さんは、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞するなど、ドラマ・映画・舞台などで活躍する日本を代表する女優です。

なお、透明感のある美肌奥ゆかしい魅力的な女性なので、多くのファンや視聴者から人気がありますが、若い頃がかわいいとも言われています。

そんな蒼井優さんについて、若い頃がかわいい【画像】Wikiプロフィールまとめ昔と現在のドラマや映画まとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

蒼井優さんの若い頃がかわいい【画像】

【若い頃の蒼井優さん】蒼井優,女優,若い頃,かわいい蒼井優,女優,若い頃,かわいい蒼井優,女優,若い頃,かわいい【現在の蒼井優さん】蒼井優,女優,現在,きれい

上記の比較画像より、透明感のある色白の美肌はずっと変わらない印象があり、多くのファンや視聴者からかわいいと言われる理由が分かります。

そんな変わらない美貌を持つ蒼井優さんは、下記以外には、特別なことをしているというような情報はありませんでした。

・休日はすっぴんで過ごす
・なるべく油っぽいものは控え、野菜中心の食生活
・「5分走って5分早歩きをすることを繰り返す」というインターバルジョギング

上記のように、普段からの積み重ねが若い頃も現在も変わらない美貌の秘密なのだと思います。

さらに、蒼井優さんは凝り性な性格料理もプロ級の腕前だと言われているので、そのような凝り性な性格が色々な身体の不調の原因となるストレスを溜めないことにつながっているのではないかと思います。

スポンサーリンク

蒼井優さんのWikiプロフィールまとめ

蒼井優さんは、小学生の頃から芸能活動をスタートし、多くの映画・ドラマ・舞台・CMに出演、高い演技力はもちろんのこと、その透明感と惹きつけられるような魅力幅広い世代から人気があります。

そんな蒼井優さんについて、どのような女優なのかを知ってもらうため、Wikiプロフィールデビューのきっかけという流れで、ご紹介していきます。

蒼井優,女優

蒼井優さんのWikiプロフィール

蒼井優,女優
名前:蒼井優(あおいゆう)
本名:夏井優(なついゆう)
生年月日:1985年8月17日
年齢:35歳(2020年時点)
出身地:福岡県福岡市
血液型:A型
身長:160cm
趣味:手芸・観劇・大相撲観戦・園芸
特技:ピアノ・クラシックバレエ・タップダンス
職業:女優・元モデル
事務所:イトーカンパニー

参考元:Wikipedia蒼井優オフィシャルサイト

蒼井優さんの家族構成は、父親・母親の3人家族であり、兄弟姉妹はおらず1人っ子です。

そんな蒼井優さんは、2019年6月3日に南海キャンディーズの山里亮太さんと入籍しました。

蒼井優,女優そして、2人の記者会見は、多くの視聴者や関係者から反響があるほど、お互いの良さが際立った幸せオーラの漂う笑いの耐えない会見でした。

なお、蒼井優さんの父親は、3パターンもの結婚の挨拶をやらせるなどユニークな方であり、多くの視聴者から「お父さんが面白い」と反響がありました。

スポンサーリンク

蒼井優さんのデビューのきっかけは?

蒼井優さんのデビューのきっかけは、1999年に10,000人の中からミュージカル「アニー」のポリー役に選ばれたことでした。

蒼井優,女優,デビュー,きっかけその後、自ら現在の事務所であるイトーカンパニーに応募し、2000〜03年までニコラレギュラーモデルを務めています。

なお、芸能界入りしたばかりの頃は、女優としては活動していませんでしたが、岩井俊二監督のPiCNiC塚本晋也監督の双生児阪本順治監督のを観たことがきっかけに映画の世界に憧れを抱くようになりました。

蒼井優,女優,デビュー,きっかけそして、2001年に岩井俊二監督のリリイ・シュシュのすべて映画初出演を果たしました。

なお、それまでオーディションには毎回落ちており「この作品も落ちるだろう」と思っていましたが合格を果たし、映画の世界に進むきっかけとなりました。

さらに、2002年に若手女優の登竜門と言われている三井のリハウス10代目リハウスガールに選ばれ、2003年に高校教師初めて連続ドラマにレギュラー出演を果たしています。

蒼井優,女優,デビュー,きっかけまた、学生時代から女優として活動を始めた蒼井優さんは、学業との両立について、インタビューで下記のように語っています。

中学校3年生の時にこの仕事を始めてから、現場に行くと学校とは違う世界の人と出会えたり、映画の話や演技の話ができるのがすごく楽しくて刺激的で。女優というお仕事ができていることがうれしい反面、学業に専念できないことに対する後ろめたい気持ちがあったんです。

参考元:女子ツク

そんな中、2004年2月に堀越高等学校を卒業後、日本大学芸術学部合格しましたが、俳優業に専念することを決め、中退しています。

蒼井優,女優,デビュー,きっかけ蒼井優さんは、当時の心境について、インタビューで下記のように語っています。

初めてレッドカーペットを歩いた時、熱狂的な映画ファンに囲まれてその熱と歓喜にあてられてるうちに、知らず知らずのうちに封をしていた自分の気持ちが解放されてしまったんです。

映画が好きな気持ち、演じるのが好きな気持ちがとめどなく湧き出てきて、うれしい気持ちで胸がいっぱいになって、ホテルに帰ってからも興奮やまずにずっと飛び跳ねていたほど。一度気持ちがあふれたら止まらなくて、学業を止めて、自分の好きな女優活動に専念しようと決めました。

参考元:女子ツク

この世界では自分を見失って狂ってしまうのも簡単。私は私でいたいから、両足はつっこまない。片足がちょうどいい。」と独特な女優観を語る蒼井優さんは、数多くの映画・ドラマ・舞台に出演、日本を代表する女優になりました。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


蒼井優さんの昔と現在のドラマや映画まとめ

蒼井優さんは、30代という若さで日本アカデミー賞最優秀主演女優賞最優秀助演女優賞など数多くの映画賞を受賞する誰もが認める実力派女優です。

また、接触障害の役作りのため、食事制限と毎日のランニングで体重を7kg落とすなど妥協をしないストイックな女優としても知られています。

そんな蒼井優さんのドラマや映画まとめについて、昔と現在のドラマ作品まとめ昔と現在の映画作品まとめという流れで、ご紹介していきます。

蒼井優,女優,昔,現在,映画

蒼井優さんの昔と現在のドラマ作品まとめ

2001年「Love Story」
2003年「高校教師」:江沢真美 役
蒼井優,女優,昔,現在,ドラマ
2003年「14ヶ月~妻が子供に還っていく~」: 五十嵐裕子(17歳時) 役
2004年「七子と七生~姉と弟になれる日~」:主演・七子 役
蒼井優,女優,昔,現在,ドラマ
2005年「タイガー&ドラゴン」:リサ 役
2006年「Dr.コトー診療所」:仲依ミナ 役
蒼井優,女優,昔,現在,ドラマ
2008年「おせん」:主演・半田仙 役
蒼井優,女優,昔,現在,ドラマ
2010年「龍馬伝」:お元 役
2014年「MOZU Season2」:名波汐里 役
2017年「先に生まれただけの僕」:ヒロイン・真柴ちひろ 役
蒼井優,女優,昔,現在,ドラマ
2018年「宮本から君へ」:中野靖子 役
2020年「スパイの妻」:主演

参考元:Wikipedia蒼井優オフィシャルサイト

蒼井優さんは、2001年の初出演以降30作品以上に出演、5作品以上主演ヒロインを演じています。

また、1999年のアニーに出演以降、蜷川幸雄さんの作品を含む舞台作品に20作品近くに出演、5作品近く主演ヒロインを務めており、演劇賞を受賞するなど評価されています。

さらに、2000年のCM初出演以降アサヒビールJRA資生堂三井不動産など幅広い大手企業広告塔に起用され、50作品近くに出演を果たしています。

スポンサーリンク

蒼井優さんの昔と現在の映画作品まとめ

2001年「リリイ・シュシュのすべて」:津田詩織 役
2004年「花とアリス」:主演・有栖川徹子 役
蒼井優,女優,昔,現在,映画
2005年「ニライカナイからの手紙」:主演・安里風希 役
2005年「星になった少年」:村上絵美 役
2006年「ハチミツとクローバー」:花本はぐみ 役
蒼井優,女優,昔,現在,映画
2006年「フラガール」:谷川紀美子 役
2008年「百万円と苦虫女」:主演・佐藤鈴子 役
蒼井優,女優,昔,現在,映画
2010年「おとうと」:高野小春 役
2011年「たまたま」:ヒロイン
2012・14年「るろうに剣心」:高荷恵 役
蒼井優,女優,昔,現在,映画
2016年「家族はつらいよ」:間宮憲子 役
2016年「アズミ・ハルコは行方不明」:主演・安曇春子 役
蒼井優,女優,昔,現在,映画
2017年「東京喰種トーキョーグール」:神代利世 役
2017年「ミックス。」:楊 役
2017年「彼女がその名を知らない鳥たち」:主演・十和子 役
蒼井優,女優,昔,現在,映画
2018年「妻よ薔薇のように 家族はつらいよ」:間宮憲子 役
2019年「長いお別れ」:主演・東芙美 役
蒼井優,女優,昔,現在,映画
2019年「宮本から君へ」:中野靖子 役
2020年「ロマンスドール」:北村園子 役
2020年「おらおらでひとりいぐも」:昭和の桃子 役

参考元:Wikipedia蒼井優オフィシャルサイト

蒼井優さんは、2001年の初出演以降60作品近くに出演、10作品近く主演ヒロインを演じています。

ドラマや舞台よりも映画への出演が多いですが、2006年のフラガールでは、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞エランドール賞新人賞を含め、10以上の映画賞を受賞しています。

また、2017年の彼女がその名を知らない鳥たちでは、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を含め、5つ以上の映画賞を受賞しています。

さらに、女優だけでなく声優として、鉄コン筋クリートなどの劇場アニメやミヨリの森などのテレビアニメでも活躍しており、幅広い才能を持っていることが分かります。

そして、今後の自身の女優像について、インタビューで下記のように語っています。

私は頂いた役・頂いたセリフをどう演じるのが、今自分にできるベストなんだろうって考えるところに面白さがあると思っているんです。

今までは、相手の役者さんや現場の皆さんに安心させてもらったり興奮させてもらったりする立場だったんですが、もしこの仕事を続けられるのであれば、自分がそういうことを人に体験させてあげられるように、今まで自分が見てきた先輩のような人間になるのが夢です。

参考元:モデルプレス

多くのドラマ・映画・舞台などで活躍する日本を代表する女優蒼井優さんの今後の活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク