LINEで送る
Pocket

大里桃子選手は、注目の黄金世代の1人であり、今後の活躍が期待されています。

また、学生時代から優秀な経歴の持ち主であり、父親は元体育教師であり、キャディーをしているようです。

そんな大里桃子選手について、出身高校経歴まとめ父親の職業はキャディーで元体育教師という流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

大里桃子選手の出身高校はどこ?

大里桃子選手の出身高校は、熊本国府高等学校です。

大里桃子,女子プロ,ゴルフ,高校時代この高校は、1941年創立の熊本県熊本市中央区国府二丁目にある私立高等学校です。

そして、スポーツが盛んな学校であり、野球・バスケットボールが全国大会に出場するなど強豪校としても有名です。

ゴルフ部に関しても、ゴルフ選手権に出場するなど有名な高校です。

大里桃子,女子プロ,ゴルフ,高校時代同じ高校出身の女子プロゴルファーはいないようですが、同じ熊本県出身の女子プロゴルファーは、上田桃子選手・不動祐理選手・古関美保選手・有村知恵選手などがいます。

大里桃子,女子プロ,ゴルフ

大里桃子選手のWikiプロフィール

大里桃子,女子プロ,ゴルフ
名前:大里 桃子(おおさと ももこ)
生年月日:1998年8月10日
年齢:24歳(2022年時点)
出身地:熊本県
血液型:A型
身長:171cm
体重:60kg
趣味:音楽・映画鑑賞
特技:ピアノ
得意クラブ:パター
所属:伊藤園

参考元:Wikipedia日本女子プロゴルフ協会

大里桃子選手は、幼少期からバスケットボール水泳陸上競技などさまざまなスポーツを経験しています。

特技はピアノであり、自身の売りは粘り強さだとコメントしています。

そして、得意クラブはパターですが、171cmという高身長から繰り出されるドライバーの平均飛距離は250ヤードであり、黄金世代の中でもトップクラスの実力の選手です。

大里桃子,女子プロ,ゴルフなお、プロになってからわずか23日後に出場した「CATレディース」で10アンダー初優勝を飾り、女子ゴルフ界の期待の新星として話題となりました。

そして、日本女子ゴルフ協会によると、1988年のツアー制施行後、プロテストに合格した同一年のツアーで初優勝を飾ったのは史上初めてということです。

大里桃子選手の経歴まとめ

大里桃子選手は、父親の影響で8歳の時からゴルフを始めていますが、その才能はすぐに開花しました。

2010年の「九州小学生ゴルフ選手権春季大会」・「熊本ゴルフ選手権」で優勝を果たしています。

そんな大里桃子選手の経歴について、アマチュア時代の経歴まとめプロテスト合格はいつプロ転向後の経歴まとめという流れで、ご紹介していきます。

大里桃子,女子プロ,ゴルフ

大里桃子選手のアマチュア時代の経歴まとめ

2011年「九州中学校ゴルフ選手権春季大会」2位タイ
2012年「九州中学校ゴルフ選手権夏季大会」2位
2013年「熊本県県民体協ゴルフ大会」2位

2013年「熊本県ゴルフ選手権」優勝
2013年「熊本県アマチュアゴルフ選手権」優勝
2013年「九州中学校ゴルフ選手権」2位

2014年「熊本県ゴルフ選手権」優勝
2014年「全九州クラブチャンピオンズ選手権」優勝
2014年「全日本大学・高校ゴルフ対抗戦」2位
2014年「熊本県アマチュアゴルフ選手権」優勝

2015年「アジアジュニアチームチャンピオンシップ」2位
2015年「JGA8地区強化指定選手地区対抗戦戦」優勝

2015年「九州ジュニアゴルフ選手権」優勝
2015年「熊本県ゴルフ選手権」優勝
2016年「九州ジュニアゴルフ選手権」優勝

2016年「九州高等学校ゴルフ選手権」2位

大里桃子選手は、上記以外にもトップ10入りを果たした大会があり、トップ10入りを果たした試合は下記です。

2011年:4試合中1
2012年:8試合中5
2013年:11試合中7
2014年:15試合中8
2015年:19試合中12
2016年:8試合中3

大里桃子,女子プロ,ゴルフ,アマチュア時代さらに、「全九州クラブチャンピオンズ選手権」で優勝、「九州ジュニアゴルフ選手権」では2連覇を果たしているので、同じ世代や九州地方では敵なしの実力を誇っていたようです。

上記より、アマチュア時代から現役の女子プロゴルファーたちにも引けを取らない実力があったということが分かりました。

スポンサーリンク

大里桃子選手のプロテスト合格はいつ?

大里桃子選手のプロテスト合格日は2018年7月28日であり、90期生として見事に合格を果たしています。

大里桃子,女子プロ,ゴルフ,プロテスト,合格ちなみに、90期生として合格したのは21名であり、エイミー・コガ選手がトップ合格一発合格者5名でした。

大里桃子選手は、黄金世代の1人と言われていますが、2017年のプロテストでは、最終でわずか1打足りずに不合格となってしまいました。

しかし、今回のプロテスト2日目には最小ストローク記録に並ぶ64で回り、昨年の悔しさをバネに文句なしの合格を果たしました。

大里桃子,女子プロ,ゴルフさらに、プロテスト合格後には、下記のスポンサーがサポートしています。

伊藤園:所属選手
ブリジストン:クラブ・ボール
ジャックバニー:ウェア
ニューバランス:シューズ
オープンストリーム:スポンサー

上記のように、所属選手契約・有名な会社とのゴルフ用品スポンサー契約をしており、サポート体制は磐石であると思うので、今後の大里桃子選手の活躍が楽しみです。

スポンサーリンク

大里桃子選手のプロ転向後の経歴まとめ

2018年(1年目)

【LPGAツアー】
出場35戦・予選落ち17試合・トップ10入り2試合
予選突破17試合中の最高順位
「CATレディース」優勝

【その他】
「LPGA新人戦 加賀電子カップ」10位タイ

2019年(2年目)

【LPGAツアー】
出場38戦・予選落ち12試合・トップ10入り2試合
予選突破26試合中の最高順位
「日本女子オープンゴルフ選手権」2位タイ

2020年(3年目)テキストが入ります。

【LPGAツアー】
出場13戦・予選落ち5試合・トップ10入り1試合
予選突破8試合中の最高順位
「アース・モンダミンカップ」5位タイ

2021年(4年目)テキストが入ります。

【LPGAツアー】
出場37戦・予選落ち6試合・トップ10入り13試合
予選突破31試合中の最高順位
「保険の窓口レディース」優勝

2022年(5年目)テキストが入ります。

【LPGAツアー】
出場11戦・予選落ち3試合・トップ10入り2試合
予選突破8試合中の最高順位
「富士フィルム・スタジオアリス女子オープン」6位タイ

大里桃子選手は、2018年7月28日より90期生として、女子プロゴルファーとしてプレーしていますが、わずか23日後に出場した「CATレディース」で10アンダー初優勝を飾りました。

そして、2018年は賞金ランキング49位初シード権を獲得、2019年は「日本女子オープンゴルフ選手権」で2位タイに入りました。

さらに、2021年は「保険の窓口レディース」で2度目優勝を果たす活躍を続けています。

スポンサーリンク

大里桃子選手の父親はキャディーで元体育教師?

大里桃子選手の家族構成は、父親・母親・兄の4人家族です。

父親は大里充さん、母親は大里美弥さん、兄は大里将司さんです。

父親と母親は体育教師という情報がありますが、兄に関しては、ゴルフ経験者なのかどうかなどの情報はありませんでした。

父親はプロテスト合格以降、娘をサポートするために勤務していた専門学校を退職、現在は娘のキャディーをしています。

大里桃子,女子プロ,ゴルフ,父親父親は、娘が本格的にツアー参戦をしてから、全試合でバッグを担ぎ共にパットのラインを読み、時に叱咤激励をする役目をしています。

娘である大里桃子選手は「いつもケンカしています。」と語っており、父親は「意味のある掛け合い」と語り、「尻に火をつけるために言っています。」と意図がある掛け合いであることを強調していました。

大里桃子,女子プロ,ゴルフまた、大里桃子選手は、下記にの父親の教えを素直に守り、試合に臨んでいるそうです。

ゴルフ場では涙を流すな。たとえ負けたとしても、絶対に泣かず、悔しさを持ち帰って、練習場に行け。

引用元:ALBA.Net

そして、「CATレディース」で初優勝した時のインタビューで、下記のような2人が仲良しだと伝わるやり取りがありました。

<大里桃子選手>
ケンカもいっぱいするけど、これからもキャディーをしてもらうので、仲良くしようね(笑い)

父親>
いつも「クビにする。」と言われてますけど。

引用元:ALBA.Net

上記のように、大里桃子選手の活躍の裏には、仕事を辞めてまでキャディーとして娘を献身的にサポートする父親の存在があるのだと思いました。

スポンサーリンク