鍋谷友理枝がかわいい【顔画像】出身中学高校とバレー経歴まとめ!

鍋谷友理枝」選手は、「デンソー・エアリービーズ」所属の女子バレーボール選手であり、「全日本女子代表」としてウイングスパイカーを務めています。

そんな「鍋谷友理枝」選手は、学生時代から才能溢れる選手であり、多くのバレーファンから「かわいい」と言われていました。

今回は、ワールドカップでの活躍が期待される「鍋谷友理枝」選手について、鍋谷友理枝選手がかわいい出身中学高校バレー経歴まとめというキーワードで、詳しく調べてみたので、ご紹介していきます。

こちらもオススメ!


スポンサーリンク

鍋谷友理枝選手がかわいい

鍋谷友理枝選手がかわいい」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、鍋谷友理枝選手が、多くのバレーファンから「かわいい」と言われている画像の一覧となります。

鍋谷友理枝,バレーボール,全日本女子,かわいい

鍋谷友理枝,バレーボール,全日本女子,かわいい

鍋谷友理枝,バレーボール,全日本女子,かわいい

鍋谷友理枝,バレーボール,全日本女子,かわいい

上記の画像より、鍋谷友理枝選手は、ほんわかした印象がある笑顔が素敵な女性であり、多くのバレーファンから「かわいい」と言われる理由が分かります。

なお、下記は、鍋谷友理枝選手のインスタグラムであり、プライベート練習のオフショットなどの投稿があるので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

さらに、鍋谷友理枝選手は、多くのバレーファンから、女優の「夏菜」さん、タレントの「佐藤栞里」さん、「エジル」さんに似ていると言われており、「かわいい」ということは間違いないと思います。

スポンサーリンク

鍋谷友理枝選手の出身中学高校はどこ?

鍋谷友理枝選手の出身中学高校はどこ?」ということについて、下記にご紹介していきます。

鍋谷友理枝選手の出身中学高校学歴は、下記となります。

淑徳SC中等部
東九州龍谷高校

出身中学は、1892年創立の東京都文京区小石川にある私立女子中学校であり、バレーボール部都内強豪校です。

卒業生には、「トヨタ車体クインシーズ」所属の「眞恵子」選手、「デンソー・エアリービーズ」所属の「大竹里歩」選手がいます。

鍋谷友理枝,バレーボール,全日本女子,中学,高校

なお、現在のチームメイトである「大竹里歩」選手とは幼なじみであり、父親同士高校時代チームメイトで卒業後も家族ぐるみのつきあいをしていました。

出身高校は、1899年創立の大分県中津市大字中殿にある男女共学私立高等学校です。

そして、女子バレーボール部は、全国屈指強豪校であり、全国タイトル17回選手権6・国体4・総体2・選抜5も獲得しています。

鍋谷友理枝,バレーボール,全日本女子,中学,高校

上記のように、全国屈指強豪校のため、卒業生には、「久光製薬スプリングス」所属の「岩坂名奈」選手や「長岡望悠」選手など25名以上の選手をプロへ輩出しています。

鍋谷友理枝選手は、3年生の時に、主将として「第64回全日本バレーボール高等学校選手権大会」で優勝を果たし、「最優秀選手賞」を獲得しました。

鍋谷友理枝,バレーボール,全日本女子,中学,高校

そして、2011年12月に、「デンソー・エアリービーズ」に入団が決定し、2012年3月のファイナルラウンド3位決定戦でプレミアデビューを飾りました。

合わせて読みたい!


鍋谷友理枝選手のバレー経歴まとめ

鍋谷友理枝選手のバレー経歴まとめ」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、鍋谷友理枝選手の簡単なWikiプロフィール情報となります。

鍋谷友理枝,バレーボール,全日本女子

名前:鍋谷 友理枝(なべや ゆりえ)
愛称:レイ
生年月日:1993年12月15日
出身地:神奈川県川崎市
血液型:B型
身長:176cm
体重:55kg
ポジション:ウイングスパイカー
所属:デンソー・エアリービーズ

参考元:WikipediaバレーボールVリーグオフィシャルサイト

鍋谷友理枝選手の家族構成は、父親母親3人家族の可能性がありますが、他にも兄弟姉妹がいるかもしれません。

父親の「昌道」さんは、「法政二高等学校」、「青山学院大学」の出身であり、実業団でもバレーボール選手として活躍していました。

母親の「美奈」さんは、「八王子実践高等学校」、「青山学院大学」の出身であり、「春高バレー」で準優勝を果たしたバレーボール選手でした。

なお、母親ポジションセッターであり、1学年上の先輩には、「大林素子」さんがいました。

上記のように、両親元バレーボール選手ということもあり、鍋谷友理枝選手は、小学3年生からバレーボールを始めています。

鍋谷友理枝,バレーボール,全日本女子,経歴

そんな鍋谷友理枝選手は、両親が選ばれなかった全日本女子代表に選ばれ、下記のような主な経歴を残しています。

「全日本女子代表」:2012年~
「オリンピック」:2016年(5位
「ワールドカップ」:2015年(5位

参考元:Wikipedia

鍋谷友理枝,バレーボール,全日本女子,経歴

さらに、2013年10月の「第1回世界U23女子バレーボール選手権」に日本代表として出場、銅メダルを獲得しました。

また、2018/19シーズンから「デンソー・エアリービーズ」にて「ゲームキャプテン」を務めています。

上記のように、学生時代からトップクラス実力で活躍を続ける鍋谷友理枝選手の今後のワールドカップオリンピックでの活躍が楽しみだと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


まとめ

今回、「鍋谷友理枝」選手について、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます。

鍋谷友理枝選手は、両親元バレーボール選手ということもあり、小学3年生からバレーボールを始めました。

そんな鍋谷友理枝選手の出身中学高校学歴は、下記となります。

淑徳SC中等部
東九州龍谷高校

そして、高校時代3年生の時に、主将として「第64回全日本バレーボール高等学校選手権大会」で優勝を果たし、「最優秀選手賞」を獲得しました。

その後、2011年12月に、「デンソー・エアリービーズ」に入団が決定し、2012年3月のファイナルラウンド3位決定戦でプレミアデビューを飾りました。

また、鍋谷友理枝選手は、2013年10月の「第1回世界U23女子バレーボール選手権」で銅メダルを獲得した以外にも下記のような経歴を残しています。

「全日本女子代表」:2012年~
「オリンピック」:2016年(5位
「ワールドカップ」:2015年(5位

そんな鍋谷友理枝選手は、多くのバレーファンから「かわいい」と言われており、画像から、ほんわかした印象がある笑顔が素敵な女性であることが分かりました。

2018/19シーズンから、チームにて「ゲームキャプテン」を務める鍋谷友理枝選手の今後の活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク