黒嘉嘉の姉もかわいいハーフモデル【顔画像】囲碁の経歴がすごい!
LINEで送る
Pocket

黒嘉嘉さんは、美しすぎる棋士と呼ばれ、注目されている台湾の女流棋士です。

なお、棋士と同時にモデルの活動もしており、姉も可愛いと多くの反響があります。

そんな黒嘉嘉さんについて、姉もハーフモデルでかわいい【顔画像】Wikiプロフィールまとめ囲碁の経歴がすごいという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

黒嘉嘉さんの姉もかわいいハーフモデル【顔画像】

黒嘉嘉,プロ,棋士,囲碁,台湾,モデル,姉,可愛い黒嘉嘉,プロ,棋士,囲碁,台湾,モデル,姉,可愛い黒嘉嘉,プロ,棋士,囲碁,台湾,モデル,姉,可愛い黒嘉嘉,プロ,棋士,囲碁,台湾,モデル,姉,可愛い上記の画像より、2人とも幼少期から美少女であり、現在では美人姉妹という言葉がぴったりだと思います。

黒嘉嘉さんの姉は2歳年上であり、オーストラリア人の父親と台湾人の母親の子供なので、姉妹はハーフです。

黒嘉嘉,プロ,棋士,囲碁,台湾,モデル,両親なお、両親の出会いは、母親が留学でオーストラリアに来ていた時に、その留学先で大学教授をしていた父親と知り合い、教師と生徒という関係からに発展したそうです。

そして、姉の職業ですが、妹の黒嘉嘉さんがモデル棋士をしているので、その美貌からモデルをしている可能性があると思います。

しかし、根拠となる情報がないので、モデルと断定は出来ませんが、その美貌を活かして、モデル・化粧品メーカー・アパレル関係で仕事をしているのではないかと思います。

スポンサーリンク

黒嘉嘉さんのWikiプロフィールまとめ

黒嘉嘉さんは、4歳の時にオーストラリアから台湾に移り住み、6歳囲碁を始めています。

なお、5歳の時に初めて碁石に触れ、ひとたび五目並べを始めると、すぐに家族全員に勝つようになり、五目並べに興味を持ったついでに、母親の提案によって囲碁を習い始めました。

そして、8歳の時に、漫画「ヒカルの碁」を見て、囲碁への情熱が刺激され、プロを目指すきっかけになったそうです。

そんな黒嘉嘉さんについて、どのような女流棋士なのかを知ってもらうため、Wikiプロフィール可愛い画像まとめという流れで、ご紹介していきます。

黒嘉嘉,プロ,棋士,囲碁,台湾,モデル,可愛い

黒嘉嘉さんのWikiプロフィール

黒嘉嘉,プロ,棋士,囲碁,台湾,モデル
名前:黒嘉嘉(こくかか)
英語名:Joanne Missingham(ジョアン・ミシンガム)
生年月日:1994年5月26日
年齢:26歳(2020年時点)
出生地:オーストラリア・ブリスベン
出身地:台湾台北市
血液型:O型
身長:172cm
趣味:ピアノ・水泳・読書・中国琵琶を奏でること
所属:台湾棋院
段位:七段
師匠:周可平・林聖賢

参考元:Wikipedia台湾棋院

黒嘉嘉さんは、囲碁の他にも、琵琶・水泳・体操・バレエ・書道・ピアノを習っており、それが趣味にもなっているようです。

それは、勉強させようとするのではなく、自分が興味を持ったものをどんどんやらせることで、好きなものを探させるという両親の教育方針から来ているそうです。

黒嘉嘉,プロ,棋士,囲碁,台湾,モデル,父親なお、母親は、黒嘉嘉さんの日程管理や試合のデータ取りなどをしてくれ、娘ののため、献身的なサポートをしていました。

しかし、母親は2014年に白血病で他界されています。

黒嘉嘉さんにとっては、非常に悲しい出来事だったと思いますが、母親が献身的に応援してくれた囲碁で結果を残すため、母親が亡くなる日も2つの国際試合で対局をしていたそうです。

現在の黒嘉嘉さんの強さの秘密は、両親の教育方針・母親の献身的なサポート大きく関係しているのだと思います。

スポンサーリンク

黒嘉嘉さんの可愛い画像まとめ

黒嘉嘉,プロ,棋士,囲碁,台湾,モデル,可愛い黒嘉嘉,プロ,棋士,囲碁,台湾,モデル,可愛い黒嘉嘉,プロ,棋士,囲碁,台湾,モデル,可愛い上記の画像より、美しすぎる棋士という呼び名に納得するほどの美貌抜群のスタイルだと思います。

下記は、インスタグラムであり、その美貌からフォロワー数は40万人を超えているので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

そして、2016年から台湾の大手芸能事務所と契約、タレントとしても活動し、寝具ブランドやバイクメーカーの宣伝に携わっています。

黒嘉嘉,プロ,棋士,囲碁,台湾,モデル,可愛いなお、大手芸能事務所は、対局の日程に合わせて、芸能活動の予定を組んでくれているそうです。

ただし、メイクや発声などのレッスンもあり、多忙のようですが、囲碁も芸能活動も大好きなので、苦ではないようです。

また、大手芸能事務所に所属する前も、4歳からモデル活動やミュージックビデオへ2回出演したり、昔から囲碁芸能活動両立をしていたようです。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


黒嘉嘉さんの囲碁の経歴がすごい

【主な成績】
2004年「国際アマチュア・ペア碁選手権大会」出場
2005年「世界青少年囲碁選手権大会」3位入賞
2006年「台湾女子オープン戦」優勝
2008年「トヨタ&デンソー杯囲碁世界王座戦」
2008年「オセアニア地区予選」優勝
2010年「穹窿山兵聖杯世界女子囲碁選手権」準優勝
2010年「アジア競技大会」銅メダル
2015年「台湾女子囲碁最強戦」優勝
黒嘉嘉,プロ,棋士,囲碁,台湾,モデル,経歴
2016年「台湾女子囲碁最強戦」優勝
2016年「ペア碁ワールドカップ」準優勝
2016年「横琴嘉年華世界名人混双戦」準優勝
2016年「国手山脈杯国際囲棋戦ペア碁戦」準優勝
黒嘉嘉,プロ,棋士,囲碁,台湾,モデル,経歴
2017年「台湾女子囲碁最強戦」優勝
2018年「SENCO CUPワールド碁女流最強戦」準優勝
黒嘉嘉,プロ,棋士,囲碁,台湾,モデル,経歴

【昇段歴】
2008年4月3日:初段
2010年1月22日:初段
2010年10月30日:二段
2011年1月5日:五段
2012年5月27日:六段
2015年9月13日:七段

参考元:Wikipedia台湾棋院

黒嘉嘉さんは、2004年から国際大会に出場しています。

その後、2008年7月に中国で入段試験を通過し、オーストラリア国籍を持つ人としては、初めて中国プロになりました。

しかし、その後、台湾所属でプロ生活をすることになりますが、2011年に台湾棋院初の女流での高段者、および、最年少・入段から最短での五段になりました。

また、台湾国内の女子囲棋最強戦では、2015年から3年連続優勝を果たしています。

そんな実力のある黒嘉嘉さんは、1日平均4~5時間の勉強をしており、最新棋譜研究・インターネット対局・問題集を解くなど、 主に1人で研究をしているそうです。

黒嘉嘉,プロ,棋士,囲碁,台湾,モデル,可愛いまた、囲碁の魅力について、インタビューで「無数に多くの変化が囲碁にある。」と語っています。

なお、台湾では、ノースリーブや両肩を出した勝負服で対局することもあり、多くのファンから実力と共に、その美貌にも注目が集まっているようです。

ちなみに、日本国内の対局では、服装が派手すぎたり、逆にルーズすぎたりした場合、立会人とよばれるお目付け役から注意されることがあるので、服装には気をつけているそうです。

そんな棋士と同時にモデルの活動もしている黒嘉嘉さんの今後の活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク