タイタニックが2号として復元【画像】沈没した同じ航路でも乗る?

1912年大西洋で氷山と衝突して沈没した豪華客船である「タイタニック号」が「タイタニック2号」として復元され、2022年に同じ航路を就航することが決定し注目を浴びています!

前回の「タイタニック号」とは異なり、現在テクノロジーと安全面を駆使し、最新ナビゲーションシステムなどを搭載し、万が一に備え、救命ボートをたくさん積み込むそうです!

今回は、そんな最新の技術で復元された「タイタニック号」について、タイタニック号の復元への反響タイタニック号の沈没事件沈没した同じ航路でも乗るというキーワードで調べてみたので、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

タイタニック号の復元への反響は?

タイタニック号の復元への反響は?」ということについて、下記にご紹介していきます!

タイタニック2号は、1912年に大西洋で氷山と衝突し沈没し、1500人以上の方が犠牲となった豪華客船タイタニック号復元となります!

2022年初航海に乗り出し、当時と同じイギリス南部サウサンプトンからアメリカ・ニューヨークまでの航路を約2週間かけて辿るそうです!

下記は、そんなタイタニック号復元に関する反響の声となります!

ごく一部の反響となりますが、上記のように、「乗ってみたい」、「乗りたくない」というような賛否両論のコメントが多いようです!

個人的にもタイタニック号は、映画舞台などでも取り上げられているため良く知っていますが、やはり「沈没船」というイメージが強いので、いくら最新のテクノロジーと安全面で復元されたと言われても印象的には良くないと思います!

タイタニック号の沈没事件は、以下のように映画にもなっており、その映画は大ヒットし、多くの人の記憶に刻まれているので、上記のように、賛否両論の反響が挙がるのだと思います!

タイタニック,沈没船,豪華客船

タイタニック号の復元で思い出す映画は?

タイタニック号の復元で思い出す映画は?」ということについて、下記にご紹介していきます!

1997年に公開された「ジェームズ・キャメロン」監督作品の「タイタニック」がその映画となります!

主演キャストは、「レオナルド・ディカプリオ」と「ケイト・ウィンスレット」となります!

タイタニック,沈没船,映画

下記は、映画「タイタニック」の簡単なストーリー内容となります!

1912年、実際に起きた英国客船タイタニック号沈没事故を基に、架空の人物や史実に基づいた実際の人物を登場させ、貧しい青年と上流階級の娘の悲恋が題材となっており、前半のラブストーリーから一転して、後半ではパニック映画さながらの緊迫感のある展開で、ラストは悲劇的な別れとなる恋人たちを描いています。

参考元:Wikipedia

この映画は大ヒットとなり、全米で6億ドル、日本を始め世界で18億3500万ドル興行収入となりました!

そして、「ジェームズ・キャメロン」監督の「アバター」が公開されるまで、映画史上最高の世界興行収入を記録し、ギネスブックにも記録されていました。

また、1998年の「アカデミー賞」では、最多11部門での受賞を果たし、主題歌であった「セリーヌ・ディオン」の「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」も大ヒットしました!

上記のような大ヒットをしている映画となるので、タイタニック号の沈没事故は多くの人に知れ渡り、記憶に残ることになりました!

スポンサーリンク

タイタニック号の沈没事件とは?

タイタニック号の沈没事件とは?」ということについて、下記にご紹介していきます!

上記でもご紹介していますが、タイタニック号は、20世紀初頭に建造された豪華客船となります!

そして、処女航海中の1912年4月14日深夜、北大西洋上で氷山に接触、翌日未明にかけて沈没しました!

この沈没での犠牲者は、乗員乗客合わせ1513人(他にも、1490人、1523人、1609人などの説がある)であり、20世紀最大の海難事故となってしまいました!

【タイタニック号について】

正式名称:RMS Titanic(Royal Mail Ship)

イギリスのホワイト・スター・ライン社が北大西洋航路用に計画し、造船家の「アレクサンダー・カーライル」と「トーマス・アンドリューズ」によって設計され、北アイルランドのベルファストにあるハーランド・アンド・ウルフ造船所で造船された豪華客船です。

正式名称の「RMS」は、郵便船の頭文字となり、船上でステーショナリーの購入、手紙の投函も可能だったそうです。

タイタニック号は、ホワイト・スター・ライン社<が保有する3隻のオリンピック級客船の2号船であり、姉妹船には「オリンピック」と「ブリタニック」があります。

タイタニック号は、「浮沈船」と言われており、当時としては、高度な安全対策二重の船底、防水隔壁、自動閉鎖機能)が施されており、現に「21世紀技術水準から見ても本船は極めて安全な船である」と言われています。

参考元:Wikipedia

上記のように、タイタニック号は、「現在の技術水準から見ても極めて安全な船である」と言われていたのに、なぜ沈没してしまったのでしょうか?

タイタニック,沈没船,豪華客船

タイタニック号が沈没した理由は?

タイタニック号が沈没した理由は?」ということについて、下記にご紹介していきます!

タイタニック号沈没した理由としては、様々な説があるようですが、以下の3つのことが原因ではないかと言われています!

タイタニック号,沈没船,豪華客船

1.操船ミス説

これは、「氷山が近くにあるのを見て、操舵手が間違った方向に舵を切った。」という単純な操作ミスが原因という説です。

参考元:Wikipedia

2.陰謀説

これは、「船を所有していたホワイト・スター・ライン社が財政難になっており、タイタニックの保険金を得るために故意に沈めた。」とする説です。その理由として、乗船するはずの社長が直前にキャンセルしたり、その他にも50人近くの乗客が直前にキャンセルしているためとされています。

参考元:Wikipedia

3.船体すり替え説

これは、姉妹船である「オリンピック号」にすり替えられたのではないかという説です。その理由として、オリンピック号は、過去に2回ほど事故を起こしており、近い将来廃船にする予定があったので、タイタニック号に似せて沈めようとしたのではないかとされています。

参考元:Wikipedia

上記のような理由があるようですが、あくまでも憶測の域であり、未だにはっきりとした原因が分かっていないことが事実のようです!

今後、このような事故が起こらないように、原因究明は必要かと思いますが、この事故がきっかけで、「1914年の海上における人命の安全のための国際条約」が採択され、無線装置配備が義務付けされ、無線通信が普及することになりました!

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


タイタニック号が沈没した同じ航路でも乗る?

タイタニック号が沈没した同じ航路でも乗る?」ということについて、下記にご紹介していきます!

タイタニック2号は、元の客船とほぼ同数の乗客約2400人、乗員約900人を乗せ、船内の豪華な装飾や客室食堂なども正確に再現する予定のようです!

そして、悲劇を繰り返さないように、最新レーダーナビゲーションシステムなどの安全設備を搭載するほか、救命ボートも十分に用意するそうです!

さらに、タイタニック号の復元計画を進めているのは、オーストラリア人資産家の「クライブ・パーマー」さんであり、2012年に計画を発表して以来、これまでは計画が停滞していたようですが、2018年9月に「海運会社ブルースターライン」が再開を宣言したそうです!

タイタニック2号,クライブ・パーマー,オーストラリア,資産家

オーストラリア人資産家の「クライブ・パーマー」さんは、1912年、タイタニックは夢の船だった。2号は人々の夢を叶える船になるだろう。」とコメントしています!

なお、タイタニック2号は、北大西洋航路だけではなく、世界を一周して各地に寄航することも検討しているそうです!

上記でもご紹介しているように、初代のタイタニック号でさえ、「現在の技術水準からしても極めて安全な船である」と言われていたのに沈没したので、タイタニック2号も絶対沈まない保障はないのではないかと、個人的には思います!

下記は、タイタニック2号への乗船に関しての反響となります!

ごく一部の反響とはなりますが、上記のように、「乗りたい」、「乗りたくない」という賛否両論意見が多いようであり、やはりタイタニック号が沈没した同じ航路を行くというのが、世間の方のネックとなっているようです!

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


まとめ

今回、「タイタニック2号」について、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます!

タイタニック2号は、初代タイタニック号乗客人数船内の装飾客室に関して、同じように復元される予定となります!

オーストラリア人資産家「クライブ・パーマー」さんが計画者であり、タイタニック号の沈没を考慮し、最新のレーダーやナビゲーションシステムの搭載十分な救命ボートの設置をすることを発表しています!

そして、2022年初航海に乗り出し、当時と同じイギリス南部サウサンプトンからアメリカ・ニューヨークまでの航路を約2週間かけて辿るそうです!

さらに、タイタニック2号は、世界を一周して各地に寄航することも検討しているそうです!

上記のように、安全面に十分な考慮がされているようですが、20世紀最大の海難事故となったタイタニック号、そして、沈没した同じ航路ということで、世間は「乗りたい」、「乗りたくない」という賛否両論となっているようです!

おそらく個人的には、タイタニック2号に乗ることはできないと思いますが、何事もなく無事に処女航海を終えることを願います!

スポンサーリンク