関菜々巳の中学高校での経歴!Wikiプロフと可愛い画像まとめ!

関菜々巳」選手は、「東レアローズ」所属の女子バレーボール選手であり、2019年に「全日本女子代表」に選ばれ、セッターとして活躍しています。

そんな「関菜々巳」選手は、高卒ルーキーながら司令塔として「東レアローズ」を準優勝に導いた実力から、多くのバレーファンから「全日本女子代表」としての今後の活躍に注目されています。

今回は、オリンピック正セッターを期待されている「関菜々巳」選手について、中学高校での経歴まとめWikiプロフィール可愛い画像まとめというキーワードで、詳しく調べてみたので、ご紹介していきます。

こちらもオススメ!


スポンサーリンク

関菜々巳選手の中学高校での経歴まとめ

関菜々巳選手の中学高校での経歴まとめ」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、関菜々巳選手の出身中学高校学歴の一覧となります。

千葉県船橋市立行田中学校
千葉県立柏井高等学校

なお、小学校の時は、「塚田JSCバレーボール部」に所属、中学3年生の時に、「JOC杯全国都道府県対抗大会」に出場を果たしています。

そして、中学3年生の時に、「柏井高等学校」が3位になった春高バレーを会場で観戦、当時2年生だった「中元南」選手や「工藤嶺」選手に、「トスを上げてみたい。」と憧れて進学を決めました。

関菜々巳,バレーボール,全日本女子,高校時代

その後、高校2年生の時に、U-19日本代表に選ばれ、タイで開催された「アジアジュニア選手権」で銀メダルを獲得、千葉県代表として、国体3位になっています。

さらに、高校3年生の時に、主将として、春高バレーに出場を果たしましたが、ベスト16で敗退しています。

そして、2017年11月30日に、「東レアローズ」に入団し、1年目から全試合スタメン出場を果たしました。

スポンサーリンク

関菜々巳選手のWikiプロフィール

関菜々巳選手のWikiプロフィール」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、関菜々巳選手の簡単なWikiプロフィール情報となります。

関菜々巳,バレーボール,全日本女子

名前:関 菜々巳(せき ななみ)
愛称:セナ
生年月日:1999年6月12日
出身地:千葉県船橋市
血液型:O型
身長:171cm
体重:60kg
ポジション:セッター
所属:東レアローズ

参考元:東レアローズ女子バレーボール部バレーボールVリーグオフィシャルサイト

関菜々巳選手の家族構成は、父親母親4人家族の可能性がありますが、他に兄弟姉妹がいるかもしれません。

なお、関菜々巳選手は、が先にやっていたことがきっかけで、小学2年生からバレーボールを始めました。

そして、「塚田JSCバレーボール部」に所属していた時は、アタッカーをしていましたが、小学5年生セッター小学6年生アタッカーを務めていました。

関菜々巳,バレーボール,全日本女子,セッター

その後、中学時代は、2年生からセッターに転向、3年生の時は、他にもセッターがいたため、ツーセッターで試合に出場していました。

上記のように、色々とポジション変更がありましたが、高校時代から本格的セッターとして活躍するようになりました。

関菜々巳,バレーボール,全日本女子,セッター

なお、高校時代には、超高校級セッターと言われるまでに成長を遂げた関菜々巳選手ですが、今後の課題について、インタビューで下記のように語っています。

サイドへのトスの安定性をもう少しつけたいです。決定率が上がるようなトスを上げていかなければならないと思います。」

参考元:バレーボールマガジン

合わせて読みたい!


関菜々巳選手の可愛い画像まとめ

関菜々巳選手の可愛い画像まとめ」ということについて、下記にご紹介していきます。

下記は、関菜々巳選手が、多くのバレーファンから「可愛い」と言われている画像の一覧となります。

関菜々巳,バレーボール,全日本女子,かわいい

関菜々巳,バレーボール,全日本女子,かわいい

関菜々巳,バレーボール,全日本女子,かわいい

関菜々巳,バレーボール,全日本女子,かわいい

上記の画像より、関菜々巳選手は、色白で笑顔が素敵な女性であり、171cmもある高身長アスリートなので、モデルのような抜群のスタイルであることが分かります。

さらに、関菜々巳選手は、試合に出場する際に着けているバンダナチャームポイントであり、多くのバレーファンから「かわいい」と言われています。

そんなルックスにも定評がある関菜々巳選手は、新人離れしたプレーで「東レアローズ」への入団1年目から司令塔として活躍し、「準優勝」、「ベスト6」、「最優秀新人賞」を獲得しました。

関菜々巳,バレーボール,全日本女子,かわいい

さらに、2019年の「全日本女子代表」に登録されている下記のセッターの中でも正セッターの座を狙えるのではないかと注目を集めています。

「佐藤美弥」選手(2019ワールドカップ正セッター
「宮下遥」選手(2019ワールドカップ控えセッター
「田代佳奈美」選手(2018世界バレー正セッター
「冨永こよみ」選手(2018世界バレー控えセッター

上記のように、経験豊富な選手が多いので厳しい状況かもしれませんが、「チームの中心選手として引っ張っていける存在になりたい。」と語り、負けず嫌いな性格である関菜々巳選手の今後の活躍が楽しみだと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


まとめ

今回、「関菜々巳選」選手について、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます。

関菜々巳選手は、が先にやっていたことがきっかけで、小学2年生からバレーボールを始めました。

なお、小学生時代は、アタッカーセッター中学時代は、アタッカーツーセッター高校時代から本格的セッターを務めるようになり、超高校級セッターと言われるまでの選手になりました。

そんな関菜々巳選手の学歴は、下記となります。

千葉県船橋市立行田中学校
千葉県立柏井高等学校

下記は、中学高校時代主な経歴となります。

「JOC杯全国都道府県対抗大会」出場
「アジアジュニア選手権」銀メダル
「国体」3位
「春高バレー」ベスト16

そして、「東レアローズ」への入団1年目から司令塔として活躍し、「準優勝」、「ベスト6」、「最優秀新人賞」を獲得しました。

そんな関菜々巳選手は、多くのバレーファンから「かわいい」と言われており、画像より色白で笑顔が素敵な女性であり、171cmもある高身長アスリートなので、モデルのような抜群のスタイルであることが分かりました。

2019年の「全日本女子代表」に選出され、正セッターの座を狙えるのではないかと注目を集める関菜々巳選手の今後の活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク