ドナドーニ監督の経歴が凄い!イタリア代表でのプレースタイルは?

サッカー日本代表監督が「森保一」監督から、元イタリア代表監督の「ロベルト・ドナドーニ」監督へ代わる可能性があると報道され、就任するのか、しないのか動向に注目が集まっていました!

今回は、そんな元イタリア代表監督の「ロベルト・ドナドーニ」監督について、Wikiプロフィール経歴が凄いイタリア代表でのプレースタイルというキーワードで調べてみたので、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドナドーニ監督のWikiプロフィール

ドナドーニ監督のWikiプロフィール情報について、下記にご紹介していきます!

ドナドーニ,監督,サッカー,元イタリア代表

名前:ロベルト・ドナドーニ(Roberto Donadoni)
生年月日:1963年9月9日
国籍:イタリア
出身地:チザーノ・ベルガマスコ
身長:173cm
体重:68kg
職業:元サッカー選手、監督
ポジション:MF(ミッドフィルダー)

引用元:Wikipedia

ドナドーニ監督は、現役時代は、「ミッドフィルダー」でした!

アタランタ」でデビューを果たし、すぐに主力選手として活躍をしていたそうです!

その後、あの有名な「ACミラン」に移籍し、このチームでも即レギュラーの座を掴み、1986年12月26日のブレシア戦で移籍後の初ゴールを決めました!

そして、ドナドーニ監督は、ACミランなどの複数のクラブチームでプレーをし、イタリア代表としても2度FIFAワールドカップに出場しました!

そして、2000年にサウジアラビアの「アル・イテハド」というチームでプレーし、リーグ優勝を成し遂げ、引退しました!

ドナドーニ監督は、現役時代から常に主力選手として活躍するほどの才能溢れる選手だったようです!

スポンサーリンク

ドナドーニ監督の経歴が凄い

ドナドーニ監督の経歴が凄いということについて、下記にご紹介していきます!

ドナドーニ監督は、1986年1996年まで約10年間も「ACミラン」で主力選手として、「ACミラン」にとって不可欠な存在であり、「ミランの殿堂入り」も果たしています!

下記が、獲得した主なタイトルとなります!

セリエA制覇」:6回
UEFAチャンピオンズリーグ制覇」:3回
トヨタカップ制覇」:2回

ドナドーニ監督は、「ACミラン」での現役時代背番号が固定される以前、「7番」をつけてプレーすることが多かったそうです!

ドナドーニ,監督,サッカー,元イタリア代表

その他にも「10番」、「8番」、「4番」という背番号をつけてプレーしていたようです!

背番号固定制度後に関しては、「11番」、「32番」、「8番」、「7番」という背番号をつけてプレーしていたそうです!

上記からもドナドーニ監督の現役時代としてイメージされる背番号は「7番」になりそうですね!

スポンサーリンク
【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが年間1万試合以上見放題はこちら!

合わせて読みたい!


ドナドーニ監督のイタリア代表でのプレースタイルは?

ドナドーニ監督のイタリア代表でのプレースタイルは?ということについて、下記にご紹介していきます!

上記のように、日本サッカーファン、そして日本代表候補選手たちから注目を浴びているドナドーニ監督ですが、現役時代は、ドリブルからのパスクロスで多くのチャンスを演出した確かなテクニックを持った選手だったそうです!

また、コーナーキックフリーキックを任されることも多く、左右のキックが可能で、初期はウィング、その後は左右のサイドハーフとして主にプレーをしたようです!

さらに、運動量が多く、器用な選手であったため、ボランチとしてプレーすることもあったようです!

そんな優秀な選手であったドナドーニ監督の代表時代の成績ですが、「63試合」に出場し「5得点」を記録しています!

U-18代表U-21代表を経て、1986年10月、「ギリシャ」との親善試合でA代表として、デビューしました!

そして、1986年11月代表2戦目となったスイス戦でA代表での初ゴールを決めました!

それ以降、イタリア代表の中でも中心選手となり、下記の成績をおさめています!

1998年「UEFA欧州選手権ベスト4
※4試合出場

1990年「FIFAワールドカップ3位
※5試合出場、2アシスト

1994年「FIFAワールドカップ準優勝
※6試合出場、2アシスト

1996年「UEFA EURO’96」グループリーグ敗退
※3試合出場

引用元:Wikipedia

上記のように、ドナドーニ監督は、クラブ時代イタリア代表時代でも常にチームの中心で活躍する優秀な選手であったことが分かります!

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


まとめ

今回、ドナドーニ監督について、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます!

ドナドーニ監督は、現役時代は、「ミッドフィルダー」でした!

コーナーキックフリーキックを任されることも多く、左右のキックが可能で、初期はウィング、その後は左右のサイドハーフとして主にプレーしました!

さらに、運動量が多く、器用な選手であったため、ボランチとしてプレーすることもありました!

1986年1996年まで約10年間も「ACミラン」で主力選手として、「ACミラン」にとって不可欠な存在であり、「ミランの殿堂入り」も果たしています!

そして、イタリア代表としても2度FIFAワールドカップに出場しました!

イタリア代表時代成績ですが、「63試合」に出場し「5得点」を記録しています!

そして、2000年にサウジアラビアの「アル・イテハド」というチームでプレーし、リーグ優勝を成し遂げ、引退しました!

今後、日本代表監督に就任するかどうかは、まだ分かりませんが、何処で監督をしても今までの実績や経験からすばらしいチームを作り上げてくれるのではないかと個人的には期待しています!

スポンサーリンク