大坂なおみのブーイングされた理由!なぜ涙した?海外の反応【動画】

2018年9月8日に行われた女子テニスの「全米オープン」の決勝戦では、「大坂なおみ」選手が元世界ランキング1位の「セリーナ・ウィリアムズ」選手を「6-2、6-4」のストレートで破り、日本人初グランドスラム優勝を成し遂げました!

そんな女子テニスの「全米オープン」の表彰式の舞台で、祝福の拍手で溢れるはずの会場で、大ブーイングが発生してしまいました!

いったい何に対してのブーイングだったのか」、そんな状況化の「大坂なおみ」選手の心情を考えると理由が知りたくなりました!

今回は、そんな大ブーイングとなった理由について、大坂なおみ選手がブーイングされた理由大坂なおみ選手はなぜ涙した大坂なおみ選手への海外の反応について、調べてみましたので、ご紹介していきたいと思います!

こちらもオススメ!
スポンサーリンク

大坂なおみ選手がブーイングの理由は?

大坂なおみ選手がブーイングの理由は?ということについて、下記にご紹介していきます!

自分は、大坂なおみ選手へのブーイングかと思っていましたが、これは大きな間違いであり、大坂なおみ選手に対してのブーイングではありませんでした!

女子テニス全米オープンの試合中表彰式の時も観客は、大坂なおみ選手に対して、ブーイングはしていませんでした!

表彰式でのブーイングの理由は、「セリーナ・ウィリアムズ」選手の試合中での言動にありました!

コーチのアドバイスでペナルティ

全米オープンテニスでは、試合中の選手とコーチとのコミュニケーションは禁止されており、コーチのジェスチャーが「ネット際に出て勝負しろ」というアドバイスと審判に思われて、ペナルティーを受けてしまいました。

ラケットの破壊で失点

試合中、大坂なおみ選手に流れが傾くと、ラケットを地面に叩きつけて壊してしまいました。テレビなどでよく見る光景ですが、この時はこの行為が失点となってしまったようです。

審判に猛講義をして失点

コーチのアドバイスでペナルティ、ラケットの破壊で失点が納得いかなったセレーナ・ウィリアムズ選手は、審判に猛抗議し、その時に審判を侮辱するような事を言ってしまい、さらに失点となりました。

上記のように、「セリーナ・ウィリアムズ」選手が審判に怒りを露にしたことにより、ファン審判陣に対して、ブーイングをしました!

上記が、ブーイング大半の理由でした!

そのため、ブーイングに関しては、大坂なおみ選手へ向けられたものではなく、審判陣へのブーイングだったのです!

スポンサーリンク

大坂なおみ選手はなぜ涙した?

大坂なおみ選手はなぜ涙した?ということについて、下記にご紹介していきます!

セリーナ・ウィリアムズ」選手のファンの方審判陣へのブーイングは、優勝が決まり、閉会セレモニー中も鳴り止みませんでした!

優勝して祝福されるはずの場所ブーイングを受けている大坂なおみ選手の心情を考えると、涙が出てしまう状況なのではないかと思います!

大坂なおみ選手は、インタビュー中サンバイザーを下ろして、涙を見せないようにしていました

上記のTWitter記事にもあるように、大坂なおみ選手は、初めて全米オープン決勝、そして、小さい頃から憧れていた選手との対戦を心から楽しみにしていたにも関わらず、こうのような状況となってしまったことが悲しかったのではないかと思います!

あのような状況化で、最後までスポーツマンらしい謙虚な言動をした大坂なおみ選手は、素晴らしい人格の持ち主だと思います!

合わせて読みたい!


スポンサーリンク
【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが年間1万試合以上見放題はこちら!

大坂なおみ選手への海外の反応は?

大坂なおみ選手への海外の反応は?について、下記にご紹介していきます!

この試合は、大坂VSウィリアムズの試合であり、ウィリアムズVS審判の試合ではない。ウィリアムズはコート上で自らを見失い、観客は、大坂なおみへのリスペクトを失っていた。

今まで見たテニスの歴史の中で最も心が痛い瞬間でした。大坂なおみは、今日全ての面で優れていました。

私は、テニスの観客が上品で敬意がある人たちだと思っていた。

なおみは、なんて素晴らしく、敬意があって、才能がある子なの。おめでとう。

大坂なおみが全豪オープンに出場する際には、観客は彼女のことを愛するにきまっているよ。

上記のように、ごく一部ではありますが、海外の反応を簡単に翻訳してみました!

大坂なおみ選手への同情スポーツマンらしい謙虚な行動賞賛されています!

今回の件で、大坂なおみ選手の言動スポーツ選手として、一人の人間として、いかに優れた人間であるか証明されたと思います!

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


まとめ

今回、大坂なおみ選手がブーイングされた理由について、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます!

ブーイングに関しては、大坂なおみ選手へ向けられたものではなく、審判陣へのブーイングでした!

ブーイング大半の理由は、「セリーナ・ウィリアムズ」選手が審判に怒りを露にしたことだったようです!

そのため、ファン審判陣に対して、ブーイングをしました!

そして、大坂なおみ選手は、初めて全米オープン決勝、そして小さい頃から憧れていた選手との対戦を心から楽しみにしていましたが、ブーイングが鳴り止まないような状況となってしまったこと悲しかったから、涙したのだと思われます!

なお、海外の反応としては、大坂なおみ選手への同情スポーツマンらしい謙虚な行動に、多くの賞賛の声がありました!

上記のように、最後までスポーツマンらしい謙虚な言動をした大坂なおみ選手は、素晴らしい人格の持ち主だと思います!

スポンサーリンク