オニフスベの味はシイタケよりも美味しい?食べ方と驚きの見た目!

佐賀県に住む女性の自宅横の竹林で白い球体「オニフスベ」というキノコが発見されたとニュースがやっていまいました!

日本キノコ研究所によると、今年は「オニフスベ」に関する問い合わせが非常に多いようです!

今回は、今年は非常に多くの問い合わせが日本キノコ研究所にきている「オニフスベ」について、オニフスベのWikiプロフィールオニフスベの驚異的な成長スピードと驚きの見た目オニフスベの食べ方と味はシイタケよりも美味しいというキーワードを元に調べてみましたので、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

オニフスベのWikiプロフィール

オニフスベのWikiプロフィール情報について、下記にご紹介していきます!

プロフィール情報の前に余談となりますが、オニフスベの「フスベ」とは、「こぶ・いぼ」を意味するようです!

そのため、下記のニュースの画像のように球体のような形をしているのですね!

オニフスベ,キノコ

名前:オニフスベ
学名:Calvatia nipponica
別名:藪玉(ヤブダマ)
分類:ハラタケのキノコ
毒性:なし
時期:日本特産で夏から秋
発生場所:庭先や畑、雑木林や竹林など
近縁種:地球上に広く分布する。オセアニア、ヨーロッパ、北米、中国に広く分布するジャイアント・パフボール(巨大なほこり玉)は、以前は日本と同種と分類されていた。

参考元:Wikipedia

なお、オニフスベは、他にもヤブタマゴキツネノヘダマテングノヘダマホコリダケなどと呼ばれるそうです!

さらに、江戸時代には他のホコリタケ類と合わせて「馬勃(バボツ)」とも呼ばれていました!

上記のようなオニフスベですが、今までに成長を捉えた映像が存在していませんでした!

みなさんのご存知であろう日本テレビの番組「ザ!鉄腕!DASH!」の企画「DASH村」において、シイタケ栽培記録用に24時間体制で回していた観察カメラが脇にたまたま生えていたオニフスベをとらえ、偶然にもその成長の様子を記録することになり、話題となりました!

スポンサーリンク

オニフスベの驚異的な成長スピードと驚きの見た目は?

オニフスベの驚異的な成長スピードと驚きの見た目は?ということについて、下記にご紹介していきます!

オニフスベは、前日にはなかったのに、一夜にしてバレーボールほどに成長するため、驚かれることがありますが、このキノコの種類としては、珍しいことではないそうです!

ニュースにある写真を見ても、見た目が白く、しかも巨大であり、前日にはなかったのに突然発生しているなんて、もしも自分がオニフスベを発見したら、かなり驚くと思います!

下記にオニフスベの驚きの見た目について、参考情報としてご紹介します!

オニフスベ,キノコ

上記のように、鉛筆と比べている写真ですが、明らかに「シイタケ」などのキノコ類よりも巨大です!

オニフスベ,キノコ

上記のように、本当にバレーボールのような大きさであり、一見すると異様な物体、これがキノコだとは思えないと思います!

ニュースにあるように、この謎の物体であるオニフスベを知らない人は、専門家に確認したくなる気持ちが分かります!

オニスフベは、内部も白色で弾力性がありますが、成熟すると中の胞子の塊があらわれ、異様な匂いを発生させるそうです!

その後、風で胞子が飛ばされ、最後には跡形もなく消滅するそうです!

なかなか目撃されないのはそのためでしょうか?

オニフスベの食べ方と味はシイタケよりも美味しい?

オニフスベの食べ方と味はシイタケよりも美味しい?ということについて、下記にご紹介していきます!

根本的な問題として、オニフスベに毒はないかということですが、はありませんので、ご安心ください!

江戸時代に発行された「和漢三才図会」には、「煮て食べると味は淡く甘い」と記されており、昔から食べる人がいたそうです!

馬勃」という名前で漢方としても利用されているようです!

何でもそうですが、初めて見つけてソレを食べようと思い初めて食べた人はすごいと思います!

自分なら、オニフスベを見つけても食べてみようとは思わないと思います!

さらに、成熟後だとアンモニア臭がして食べることはできないが、成熟前であれば、皮を剥いて調理すれば食べることができるようです!

柔らかいハンペンのような食感とわずかな風味を持ち、特別おいしいわけではないが、まずくはないそうです!

そのため、オニフスベは食べることはできるが、シイタケの方が美味しいということになりますね!

オニフスベ食べ方としては、以下があるそうです!

お味噌汁などの汁物に入れる
揚げ物にしてタルタルソースをかけて食べる
バターでソテーする

上記のように、「シイタケ」など他の食用キノコと同じような食べ方ですね!

スポンサーリンク

まとめ

今回、オニフスベについて、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます!

オニフスベは、他にもヤブタマゴキツネノヘダマテングノヘダマホコリダケなどと呼ばれるそうです!

さらに、江戸時代には他のホコリタケ類と合わせて「馬勃(バボツ)」とも呼ばれていました!

そして、オニフスベは、前日にはなかったのに、一夜にしてバレーボールほどに成長するため、驚異的な成長スピードと驚きの見た目のキノコとなります!

オニフスベはなく、江戸時代に発行された「和漢三才図会」には、「煮て食べると味は淡く甘い」と記されており、昔から食べる人がいたそうです!

さらに、「馬勃」という名前で漢方としても利用されているようです!

成熟後だとアンモニア臭がして食べることはできないが、成熟前であれば、皮を剥いて調理すれば食べることができるようです!

柔らかいハンペンのような食感とわずかな風味を持ち、特別おいしいわけではないが、まずくはないそうですが、シイタケの方が美味しいということになります!

今年は、大雨や猛暑となったため、オニフスベの発生が多くなっているようです!

みなさんも自宅の近くでオニフスベを発見したら、食べてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク