マリナアイコルツが可愛い【画像】WikiやCM出演作品まとめ!
LINEで送る
Pocket

マリナ・アイコルツさんは、auの人気CMである三太郎シリーズのCMナレーションを務めるハーフタレントです。

なお、2009年に芸能界デビュー、モデルや女優としても活動をしており、可愛いと多くの反響があります。

そんなマリナ・アイコルツさんについて、可愛い画像まとめWikiプロフィールまとめCM出演作品まとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

マリナ・アイコルツさんが可愛い【画像】

マリナ・アイコルツ,ナレーター,モデル,女優,可愛いマリナ・アイコルツ,ナレーター,モデル,女優,可愛いマリナ・アイコルツ,ナレーター,モデル,女優,可愛いマリナ・アイコルツ,ナレーター,モデル,女優,可愛い上記の画像より、確かに噂通りで、お人形さんみたいでハーフ美人だと思います。

マリナ・アイコルツさんは、モデル・モデル・女優・ナレーター・タレントとしてマルチに活動しており、インスタグラムmarinaaicholtz)もやっているので、是非とも見てみてください。

なお、マリナ・アイコルツさんは、父親がアメリカ人、母親が日本人ハーフです。

そのため、母親とは日本語で会話をし、父親と姉とは、英語で会話をするバイリンガルです。

完全に父親のアメリカ人の血を多く引き継いでいると思われる目鼻立ちがはっきりした整った美形のルックスであり、モデルもやられているだけあってスタイルも抜群だと思います。

スポンサーリンク

マリナ・アイコルツさんのWikiプロフィール

マリナ・アイコルツ,ナレーター,モデル,女優,可愛い
名前:マリナ・アイコルツ
旧芸名:マリナ・A
愛称:マリナ
生年月日:2000年7月22日
年齢:20歳(2020年時点)
出身地:東京都
血液型:O型
身長:154cm
趣味:カラオケ・温泉・サウナ・犬の散歩・アメリカのアニメを観ること
特技:歌うこと
夢:歌手になること
事務所:株式会社フリー・ウェイブ

参考元:Wikipediaマリナ・アイコルツ Official Website

マリナ・アイコルツさんは、一度聴いたら忘れられない親しみのある声に人気が集まり、ナレーターとして、CMやバラエティーで次々と起用されています。

マリナ・アイコルツ,ナレーター,モデル,女優,可愛いそして、長崎県の佐世保で生まれ、アメリカのジョージア州に移住後、8歳より神奈川県に住んでおり、この頃から芸能活動を開始しました。

現在は、東京都に在住であり、高校は都内のインターナショナルスクールを卒業後、米軍基地内の大学に通っているそうです。

家族構成は、父親・母親・姉の4人家族であり、日本語に関しては母親に習ったり、5歳まで日本の幼稚園に通っていたので、自然に覚えたそうです。

スポンサーリンク

マリナ・アイコルツさんのCM出演作品まとめ

マリナ・アイコルツさんは、上記のauの三太郎シリーズの「『グローバルな初恋』編」のCMにて、ナレーションではなく、女優として出演を果たしています。

マリナ・アイコルツ,ナレーター,モデル,女優,可愛い,CM,出演作品マリナ・アイコルツ,ナレーター,モデル,女優,可愛い,CM,出演作品

マリナ・アイコルツさんは、上記のauの三太郎シリーズ以外にも下記のようなCMやテレビ番組のナレーションも担当しています。

CM

TOSHIBA「dynabook」
V6 CD「oh! My! Goodness!」
ミスタードーナツ
ABCマート

テレビ番組

「新説!所JAPAN」:レギュラー
「所&磯田のニッポンの謎」
「ネタパレ」
「#渡辺直美のヤバスタグラム」
「Youは何しに日本へ?」

さらに、女優タレントとしても下記の作品に今までに出演を果たしています。

【映画】
「バイロケーション」

【ドラマ】
「熱血硬派くにおくん」
マリナ・アイコルツ,ナレーター,モデル,女優,可愛い,CM,出演作品

【バラエティー】
「金スマ」
「天才志村動物園」
「とりはだ」

マリナ・アイコルツさんは、子役時代より演技力評価されていたようであり、auの三太郎シリーズレギュラーナレーターに抜擢され、2018年にCMに出演したことで、一躍話題となったそうです。

そんなマリナ・アイコルツさんは、ナレーターとして、CMでは英語のイントネーション番組では日本語のイントネーションで話すように区別していているそうです。

なお、インタビューで下記のように、ナレーターとしての苦労や取り組んでいることを語っています。

イントネーションが交ざっちゃう時があります。自宅でテレビがついていると、お母さんは普通に番組を楽しんでいるのですが、私はナレーションをつい聞いてしまいます。ほかの人のナレーションを聞いていると勉強になることが多いです。

参考元:MANTANWEB(まんたんウェブ)

上記のように、ナレーターとして、名実共に実力をつけてきているマリナ・アイコルツさんは、将来的には「アニメーションやキャラクターの声を演じてみたい。歌や演技にも挑戦してみたいです。いつか海外でもお仕事をしてみたいと思っています!」と語っているので、今後の活躍が楽しみだと思います。

スポンサーリンク