マイタケがノロウィルスを抑制?効果的な食べ方や注意点はあるの?
LINEで送る
Pocket

中部大学富山大学・きのこメーカーの雪国まいたけなどの研究グループにより、マイタケノロウィルスの感染症に有効であると発表され話題となっています。

ノロウィルスに流行することが多く、感染力が強いため、高齢者の方は重症化する可能性があり、厄介な感染症となっています。

そんなマイタケについて、マイタケのノロ抑制への反響マイタケがノロウィルスを抑制効果的な食べ方や注意点という流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

マイタケのノロ抑制への反響は?

ごく一部の反響ですが、上記はマイタケのノロ抑制というニュースに関しての反響です。

また、ノロウィルスに感染したことがある人にとっては、凄く嬉しい発表だという反響が多く、さらに、マイタケ品薄価格高騰を心配する反響もあります。

個人的には、ノロウィルスに感染したことがないので、簡単な症状を下記にご紹介します。

潜伏期は1日~3日、多くは1日~2日で改善します。
症状は、吐気・おう吐や下痢、腹痛などで発熱は軽度です。
下痢やおう吐が続いた場合は、乳幼児や高齢者は脱水症状を起こす場合があるので、水分補給につとめ、早めに医療機関を受診してください。

参考元:東京都福祉保健局

上記から、脱水症状を起こすほどに、おう吐下痢が続くのであれば、かなりツライと思うので、今回の発見偉業というべきものだと思いました。

スポンサーリンク

マイタケがノロウィルスを抑制?

研究グループは、マイタケを食べることで免疫力が高まり体内のウィルスが減ることをマウスによる動物実験で確認したそうです。

そして、人間でも発症抑制早期回復が期待できるとし、子どもや高齢者に食べてもらうことで、感染症の流行を抑えられると語っています。

そんなスーパー食材であるマイタケについて、マイタケの効果マイタケはインフルエンザも予防という流れで、ご紹介していきます。

マイタケ,キノコ

マイタケの効果は?

今回のノロウィルス抑制効果は、多くの食材の中でもマイタケのみに含まれるマイタケα-グルカンという成分が腸内で働くことが理由と発表されています。

研究グループは現在の技術では、ヒトノロウィルスを人工的な環境下で増殖させて研究することは難しいため、マウスノロウィルスを用いて、下記の2パターンで研究をしています。

免疫機能が正常に働いている場合
免疫機能が低下している場合

なお、1日当たり5ミリグラム乾燥マイタケを与え、1週間後ノロウィルスを接種、その後もマイタケを与え続けました。

その結果、ふん中のウィルスが減り腸内のウィルスも早期に消えたそうです。

さらに、マウスの免疫機能が低下した時に再びウイルスの数が増える効果も確認できています。

そして、研究グループは、マウスを使った実験は、人間と近い結果が得られるとし、マウスが食べた量は、人間に換算すると、乾燥していないマイタケ数グラムとなり、無理なく食べられる量だとしています。

マイタケはインフルエンザも予防?

多くの食材の中でもマイタケのみに含まれるマイタケα-グルカンという成分は、インフルエンザ抑制にも効果があるようです。

日本テレビのヒルナンデス!で、キノコパワーという特集をやっており、2017年の国際栄養学会議で発表されたインフルエンザウィルスを抑える可能性があるキノコとして、マイタケを取り上げていたそうです。

その内容というのは、インフルエンザA型に感染したマウスにマイタケα-グルカンを摂取すると、ウィルスが激減し、免疫力低下したマウスでもインフルエンザウィルスの減少を確認したそうです。

番組では、あくまでマウスの実験の段階と念を押していましたが「インフルエンザの予防効果を期待出来るかもしれない。」とコメントしていました。

ちなみに、マイタケ以外の下記のキノコにも様々な栄養素があると紹介されていました。

シイタケ免疫力を高めるβ-グルカン』」
ブナシメジ疲労回復に効果的があるオルニチン』」
エリンギ腸内環境を改善してくれる食物繊維』」

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


マイタケの効果的な食べ方や注意点は?

今回の実験では、マウスに粉末状マイタケを与えていますが、人間は、特に調理方法などは気にせずに、天ぷら鍋料理など、いつも通りにマイタケを食べれば良いそうです。

しかし、マイタケを食べるだけで良いという訳ではなく、基本的な手洗いうがいノロウィルス患者との濃厚な接触を避けるなどの対策をする必要があります。

ノロウィルスの感染には、人から人への感染人から食品への感染食品から人への感染などがあるので、基本的な注意事項が感染予防のポイントです。

下記は、ノロウィルスへの感染を予防するための具体的な対策です。

手洗い

トイレを使用した後、調理の前、食事の前には必ず手を洗う。
石けんと流水で30秒以上かけて良く手を洗う。
手拭は、共用タオルの使用は避け、ペーパータオルなどを使用する。

参考元:東京都福祉保健局

部屋やトイレで吐いた場合

部屋の換気を十分に行いながら、吐物をふき取り、ふき取ったあとを塩素消毒剤で消毒する。
下痢や吐物を処理する時は、素手ではなく、使い捨てビニール手袋と使い捨てマスクなどを使用する。

参考元:東京都福祉保健局

汚れた下着や床など

次亜塩素酸ナトリウム(家庭用漂白剤)などの塩素系消毒薬を使用し消毒する。

参考元:東京都福祉保健局

食品を介した感染の防止

手洗いを充分に行うこと、食品を十分に加熱することが効果的です。
手指や調理器具などの洗浄・消毒を厳守し、生野菜などは十分に水洗いをする。

参考元:東京都福祉保健局

そんなノロウィルスに流行することが多く、感染力が強いため、基本的な予防に気をつけながら、美味しくマイタケを食べていきたいと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!