毒性クサウラベニタケの味はシメジ?特徴と症状や見分け方【画像】

味覚の秋となり、「キノコ狩り」に行かれる方が多くなり、毒性のキノコを誤って食べてしまい、中毒症状により、病院へ運ばれるケースが多発しているようです!

今回のニュースでは、食用の「ウラベニホテイシメジ」と間違えて、毒キノコである「クサウラベニタケ」を食べたことによる中毒で長野市に住む70代の夫婦が病院に運ばれましたが、早期だったため、入院せずに回復したというものでした!

そこで、食用キノコと間違える可能性がる毒性の「クサウラベニタケ」について、特徴や症状味はシメジ見分け方というキーワードで、詳しく調べてみたので、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

クサウラベニタケの特徴や症状は?

クサウラベニタケの特徴や症状は?ということについて、下記にご紹介していきます!

このクサウラベニタケは、食用の「ウラベニホテイシメジ」と似ていることから、誤食による食中毒の発生件数が最も多いキノコの1つとなっているようです!

クサウラベニタケ,毒キノコ

【名前】:クサウラベニタケ
【分類】:ハラタケ目イッポンシメジ属
【形態】
「かさ」
直径が3~8cmほどの大きさで色は薄い茶色~灰褐色、形は幼菌時は半球体で成長すると中央がやや高くなった形で平らに開いてきます。表面には湿気があるとヌメリが出ますが、乾燥すると絹糸のような光沢が見られます。
「ヒダ」
最初は白色ですが、徐々に薄い紅色になっていきます。ヒダのフチは、折れ線グラフのように不規則に乱れており細かいノコギリのようなギザギザが見られます。
「柄」
長さは、5~10cmですが、この長さの割にはやや細い印象があります。やや根元の方が太く、中身には空洞があり、色はほぼ白色表面にはうっすら条線があります。
「肉」
表面とほぼ同じ色をしており、味は特になく、臭いはわずかな粉臭がします。柄の部分の肉はスポンジ状となります。

【環境】:夏から秋にかけて広葉樹や広葉樹と針葉樹との混稀林内に弧生~群生します。
【毒性】毒キノコ
【発症時間】摂食後、10分~数時間
【症状】神経系、および消化器系食中毒下痢腹痛嘔吐。(※死亡例あり。)

引用元:Wikipedia

上記が、クサウラベニタケ特徴誤食による症状となります!

クサウラベニタケは、長野県のまとめによると、2008年から2017年10年間で誤食が3件も発生しており、7人の患者が中毒症状を起こしています!

発生件数は、9月~10月のキノコ狩りシーズンに集中しており、「8割」を超えます!

長野県では、9月20日~10月19日を「キノコ中毒予防月間」とし、ポスターを貼って注意喚起したり県内各地の保健所でキノコの見分け方の相談を受け付けたりして誤食予防に取り組んでいます!

スポンサーリンク

クサウラベニタケの味はシメジ?

クサウラベニタケの味はシメジ?ということについて、下記にご紹介していきます!

食用であるウラベニホテイシメジとよく似ているクサウラベニタケですが、ただ似ているだけで、実際に誤食した方の証言ですと、ただただ苦いだけのようです!

ちなみに、食用であるウラベニホテイシメジですが、柄が長く大型になるため、キノコ狩りの対象として大変人気があるようです!

ウラベニホテイシメジ,食用キノコ

食用であるウラベニホテイシメジは、歯切れが良い食感ではありますが、少しほろ苦くて、多少粉臭が気になる場合があるようで、さっとゆでこぼして調理されることが多いようです!

上記の写真のように、毒性のクサウラベニタケと食用のウラベニホテイシメジはかなり似ています!

毒性のクサウラベニタケと食用のウラベニホテイシメジの違いを理解し、見分け方を知らない場合、誤って誤食してしまうのは仕方がないのではないかと思います!

クサウラベニタケの見分け方は?

クサウラベニタケの見分け方は?ということについて、下記にご紹介していきます!

一番の見分け方としては、専門機関での確認だと思います!

下記の液体を使用し、それぞれの反応を見る。

1.グアヤクチンキ(グアヤク樹脂のエチルアルコール溶液)
2.硫酸バニリン

クサウラベニタケ
「1.」と反応し、緑色に変色する。「2.」とは反応しない。

ウラベニホテイシメジ
「1.」とは反応しない。「2.」と反応し、赤紫色に変色する。

参考元:Wikipedia

上記のようなことが、一般の方でもできれば、手っ取り早いのですが、なかなかに難しいですし、面倒なことであります!

キノコ中毒のポイントは、以下の3点が手っ取り早い方法かと思います!

1.知らないキノコは採らない、食べない、売らない、人にあげない。
2.食べられるキノコの特徴を完全に覚える。
3.「柄が縦に裂けると食べれる。」、「ナスと一緒に煮ると食べれる。などの誤った言い伝えや迷信を信じない。

そして、万が一、誤食してしまい、キノコ中毒と思われる症状が出た場合は、医師の診察をすぐに受けて、さらに食べ残したキノコを持って行くと、原因の特定が速やかに行え、医師が治療方針を決めやすく、助かる確率も大幅に上がります!

スポンサーリンク

まとめ

今回、クラウラベニタケについて、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます!

クサウラベニタケは、食用のウラベニホテイシメジと似ていることから、誤食による食中毒の発生件数が最も多いキノコの1つとなっています!

そして、誤食をした場合10分~数時間で、下痢腹痛嘔吐などの食中毒症状を発症します!

食用であるウラベニホテイシメジただ似ているだけで、実際に誤食した方の証言だと、シメジとは全く異なり、ただただ苦いだけの味のようです!

一番の見分け方としては、専門機関での確認だと思います!

上記が難しい場合、以下の3点が手っ取り早い方法かと思います!

1.知らないキノコは採らない、食べない、売らない、人にあげない。
2.食べられるキノコの特徴を完全に覚える。
3.「柄が縦に裂けると食べれる。」「ナスと一緒に煮ると食べれる。などの誤った言い伝えや迷信を信じない。

万が一、誤食してしまい、キノコ中毒と思われる症状が出た場合は、医師の診察をすぐに受けてください!

さらに、食べ残したキノコを持って行くと、原因の特定が速やかに行え、医師が治療方針を決めやすく、助かる確率も大幅に上がります!

今後、キノコ狩りのシーズンが本格的に始まってくると思うので、誤食による中毒症状を未然に防ぎ、楽しいキノコ狩りにしてください!

スポンサーリンク