インドにあるギル国立公園の野生動物保護区希少種の「インドライオン」が、ウィルスによる感染の疑いで大量死するというニュースが話題となっています!

約3週間で少なくとも23頭が亡くなっており、インド国立感染症研究所などから、「23頭中少なくとも5頭が犬ジステンパーウィルス(CDV)に感染していた」と発表されています!

今回は、そんな希少種である「インドライオン」について、インドライオンはどんな動物生息地をトラが脅かす百獣の王よりも虎が強いというキーワードで調べてみたので、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

インドライオンはどんな動物?

インドライオンはどんな動物?」ということについて、下記にご紹介していきます!

インドライオンは、哺乳網食肉目ネコ科ヒョウ属に分類されるライオンのひとつの亜種であり、アフリカライオンと比較すると、小柄であり、体色も薄いそうです!

インドライオン,動物


和名:インドライオン

学名:Pathera leo persica

分布:インド

生態:森林・主に林の中

【特徴】
・寿命25年~30年ほど

・やや小柄

・体色が薄い

・体毛は密集している

・タテガミが短い

・腹部の皮膚に長いひだ状のたるみがある

・尻尾の房毛が長い

・単独で狩りをする

・繁殖力が低い

・食性は肉食であるが、昆虫から爬虫類、小動物など多岐に渡り草も食べる

上記が、簡単なインドライオン特徴などについての情報となります!

下記は、インドライオンアフリカライオンに違いであり、異なる部分を抜粋しています!

アフリカライオンの主な特徴」


アフリカライオン,動物


・寿命15年~20年ほど

・草原に生息する

・群れで狩りをする

・20頭近いメスライオンを従え群れを作り繁殖力が高い

・タテガミが長い

上記のように、インドライオンアフリカライオンには違いがあることが分かります!

そして、インドライオンは、「絶滅危惧種」になっており、イラン中東アジアにも生息していましたが、原因不明でありますが、絶命しています!

インドでは、19世紀以前には、1000頭以上インドライオンが生息していましたが、狩猟開発により頭数が激減し、1913年には、「20頭」までに減少したそうです!

そして、現在では、森林当局保護努力のおかげで、ギル森林国立公園内だけではありますが、500頭以上まで増加し、生息しているそうです!

スポンサーリンク

生息地をトラが脅かす?

生息地をトラが脅かす?」ということについて、下記にご紹介していきます!

インドライオンは、19世紀20頭までに減少をしていますが、その後、徐々に頭数が増え、19世紀後半までは、「ベンガルトラ」とインドの多くの地域で共存していました!

しかし、現在では、インドライオンは、ギル森林国立公園野生生物保護区のみで生息しているそうです!

インドの他州の森林国立公園野生動物保護区に、インドライオンを移動する計画はあるようですが、「ベンガルトラ」に襲われる可能性があるようであり、計画は進んでいないそうです!


ベンガルトラ,動物

上記のように、「ベンガルトラ」は、インドライオンよりも100cm以上全長が大きく、体重50kg以上も重いそうです!

そして、時には、ツキノワグマヒグマヒョウ子供アジアゾウインドサイなども捕食するそうです!

上記のように、いくらインドライオン強いといえど、「ベンガルトラの方が総合的に優れている」と思います!

インドがこのような状況であるのであれば、今回のウィルス感染でさらに頭数が減少しているインドライオンベンガルトラ共存させない方が良いと思うので、今後、どのように生息地を確保していくのかということが、重要な課題であると思います!

【その他の関連記事】
グリーンマンバの顔がかわいい【画像】毒蛇界の世界最強である真相は?
豊山犬はトンイで柴犬に似てるしかわいい【画像】食用でどんな犬なの?
ホホジロザメのカフェはどこにある?根城は日本海にもあるの?【画像】

百獣の王よりも虎が強い?

百獣の王よりも虎が強い?」ということについて、下記にご紹介していきます!

一般的には、ライオンが「百獣の王」と言われており、ライオンが一番強いというイメージがありますが、実際には固体によりますが、トラの方が強い場合があるようです!

ライオンは、「アフリカのライオン」とインドの「インドライオン」の2種類となります!

トラは、「アムールトラ」、「ベンガルトラ」、「アモイトラ」、「インドシナトラ」、「マレートラ」、「スマトラトラ」の6種類となります!

まずは、上記のように、種類トラライオンに勝っており、全体的な個体数もトラの方が多いと思います!

そして、基本的には互角くらいの力ではありますが、ライオンよりもトラの方が大きいそうで、中でもロシアの「アムールトラ」は、ネコ科で世界最大の動物となります!


アムールトラ,動物

そのため、ライオンよりも全長が大きく体重が重い、「アムールトラ」、「ベンガルトラ」であれば、ライオンよりも強いと思われます!

上記のように、ライオンよりもトラの方が頭数、および、全長体重も勝っているため、ほぼ互角の力だとしても、全ライオン対全トラの戦いがあったとしたら、全トラ軍団が圧勝する結果となるのではないかと思います!

スポンサーリンク

まとめ

今回、「インドライオン」について、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます!

インドライオンは、哺乳網食肉目ネコ科ヒョウ属に分類されるライオンのひとつの亜種であり、アフリカライオンと比較すると、小柄であり、体色も薄いです!

インドでは、19世紀以前には、1000頭以上インドライオンが生息していましたが、狩猟開発により頭数が激減し、1913年には、「20頭」までに減少しています!

その後、森林当局保護努力のおかげで、ギル森林国立公園内だけではありますが、500頭以上まで増加し、生息しています!

現在では、インドライオンは、ギル森林国立公園野生生物保護区のみで生息しています!

その理由は、インドの他州にある別の森林国立公園野生動物保護区に移動する計画はありますが、「ベンガルトラ」に襲われる可能性があり、計画は進んでいません!

一般的には、ライオンが「百獣の王」と言われており、ライオンが一番強いというイメージがありますが、実際には、トラの方が強い場合があるようです!

特に、「アムールトラ」、「ベンガルトラ」は、ライオンよりも全長が大きく体重が重いため、ライオンよりも強いと思われます!

近年では、人間乱獲環境破壊が原因で、ライオントラに関わらず、多くの野生動物が減少している現実があるので、動物同士の共存も大切ですが、まずは、人間が動物のことを考えた共存方法を真剣に考えていかなければならないと思いました!

スポンサーリンク