ならまち糞虫館の営業時間や行き方!展示内容と名前の由来も紹介!

奈良公園が美しいのは、「糞虫」のおかげ?知られざる縁の下の力持ちの魅力とは?」というタイトルでニュースが配信されており、「ん?糞虫?」という反応が多く、注目されています!

そんな「糞虫」が好き過ぎて、会社を早期退職し、奈良に「世界中の糞虫」を集めた施設を作ってしまった「中村圭一」さんについても話題となっています!

今回は、そんな「糞虫」が大好きな「中村圭一」さんが造った施設「ならまち糞虫館」について、糞虫とならまち糞虫館への反響糞虫の名前の由来ならまち糞虫館の場所や行き方、営業時間と展示内容というキーワードで、詳しく調べてみたので、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

糞虫とならまち糞虫館への反響は?

糞虫とならまち糞虫館への反響は?」ということについて、下記にご紹介していきます!

まず、「糞虫」ですが、普通に読んだら「クソムシ」ですが、実は、「フンチュウ」と読みます!

そして、この「糞虫」が、奈良公園にある大量の鹿の糞を食べて分解してくれるおかげで、現在の美しさを保持しているそうです!

以下は、そんな糞虫への反響となります!

上記は、ごく一部の反響ではありますが、糞虫ニュースに関して、「知らなかった」、「クソムシじゃなくフンチュウか」、「施設に行ってみたい」などの多くの反響があるようです!

奈良は糞虫の聖地」と言われる理由に関して、「中村圭一」さんは、インタビューにて、以下のようにコメントしています!

1300頭を超えるくらいの鹿がいて、自然界で考えられない高密度。1日1トンの糞が奈良公園にばら撒かれる。それを糞虫が処理している。奈良は観光産業もすごいが、糞虫のおかげ。

おそらく、多くの方がこの糞虫の存在を知らなかったと思いますが、「中村圭一」さんのおかげで、糞虫のすごさが世間に広まっていくのではないかと思います!

スポンサーリンク

糞虫の名前の由来は?

糞虫の名前の由来は?」ということについて、下記にご紹介していきます!

糞虫は、コンチュウ目・コガネムシ科、およびその近縁な科に属する昆虫のうち、おもに、哺乳類の糞を餌とする食糞一群の昆虫を指すようであり、「食糞性コガネムシ」とも呼ばれるそうです!

糞虫は、は、黒を中心としてものが多いが、金属光沢があるものや、ビロードのような毛があるものなどがいます!

糞虫,画像

糞虫は、全ての種類が食糞を餌にする訳ではなく糞以外の栄養源も利用するにも関わらず、糞虫と呼ばれる種類もあります!

糞虫習性として、新鮮な糞があると、匂いを嗅ぎつけてあちこちから集まってきますがその場で糞を食べるものもあるが、地下に穴を掘り、糞を運び込むものをいます!

糞虫は、人間とのかかわりも非常に強く以下のような関わりがあります!

「家畜の糞の処理」
※オーストラリアでは糞虫を持ち込んでいる。

「植物の種子分散」

糞虫は、「奈良公園の鹿の糞の分解」のように、上記のような糞の分解により、人間の生活に大きな影響を与えているようです!

ならまち糞虫館の場所や行き方、営業時間と展示内容は?

ならまち糞虫館の場所や行き方、営業時間と展示内容は?」ということについて、下記にご紹介していきます!

下記が、「ならまち糞虫館」のマップ情報となります!

Googleマップなどの地図アプリにて、「奈良県奈良市南城戸町28-13」と検索すれば、場所は分かると思います!


住所:〒630-8341 奈良県奈良市南城戸町28-13
電話番号:070-1798-6464
FAX番号:0742-22-2220
メール:nkmr0071@gmail.com
駐車場:なし
営業時間:土日 13:00~18:00
入館料:大人300円 子供100円
ホームページ:ならまち糞虫館

上記が、ならまち糞虫館営業時間場所の情報となります!

ならまち糞虫館では、奈良公園に生息している糞虫世界糞虫などが展示されているそうです!

そして、「糞虫Tシャツ」などの「糞虫グッズ」などの販売もしているようなので、記念に購入してみてはいかがでしょうか?

ならまち糞虫館は、土日だけの営業となるので、いつもいけるわけではありませんが、奈良方面に遊びにいくチャンスがあれば、奈良観光と合わせて、訪れてみたいと思います!

スポンサーリンク

まとめ

今回、「糞虫とならまち糞虫館」について、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます!

糞虫」は、「クソムシ」ではなく、「フンチュウ」と読みます!

なお、名前の由来は、哺乳類の糞を餌とする食糞一群の昆虫であるためであり、、「食糞性コガネムシ」とも呼ばれます!

さらに、糞虫は、「奈良公園の鹿の糞の分解」と同じく、家畜の糞の分解植物の種子分散など、人間の生活に大きな影響を与えています!

そして、「ならまち糞虫館」の情報については、ホームページ(「ならまち糞虫館」)を確認してください!

上記の情報を参考に、奈良方面に遊びにいくチャンスがあれば、奈良観光と合わせて、是非とも訪れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク