バカマツタケ」の完全人工栽培に成功した肥料メーカーである「多木化学」の株価が急騰して話題となっています!

この完全人工栽培によって、高級食材とされている「マツタケ」が手頃な値段で一般家庭の食卓に並ぶ日も近いのではないかと注目を集めています!

今回は、そんな奇抜ネーミングとなっている「バカマツタケ」について、バカマツタケの名前の由来味はマツタケと同じ値段と購入方法というキーワードで調べてみたので、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

バカマツタケの名前の由来は?

バカマツタケの名前の由来は?」ということについて、下記にご紹介していきます!

バカマツタケは、「馬鹿松茸」と書き、ハラタケ目キシメジ科キノコに分類されています!

この名前の由来ですが、高級食材である「マツタケ」と酷似していますが、松林ではなく、雑木林に生えることや、やや発生時期も早いため、馬鹿なマツタケということから、「バカマツタケ」と命名されているそうです!

下記に簡単にバカマツタケについての情報をご紹介します!

バカマツタケ,キノコ


  名前:バカマツタケ(馬鹿松茸)

  分布:日本(全土)、中国、ニューギニア

傘の直径:4-10cm

柄の長さ:6-10cm

【特徴】
やや小さく全体的にやや赤みを帯びている。

松林ではなく、ミズナラ・コナラ・ウバメガシなどの広葉樹林で発生する。

香りはマツタケよりも強い。

バカマツタケは、地域により、「さまつ」と呼び珍重されているようです!

さらに、マツタケに似ていることから、「ニタリ似たり)」とも呼ばれ、高い経済的価値が期待されているようです!

そして、2018年10月、「多木化学」は、バカマツタケ完全人工栽培に成功したと発表しました!

これまでは、バカマツタケを含むマツタケの近縁種は、植物との共生が必要であると考えられていましたが、「多木化学」の手法は、一般的なキノコ人工栽培の手法である菌床栽培によるものだったそうです!

今後、多少時間を要するかもしれませんが、バカマツタケが、安価なマツタケの代わりとして、一般家庭の食卓に並ぶ日もくるのだと思います!

スポンサーリンク

味はマツタケと同じ?

味はマツタケと同じ?」ということについて、下記にご紹介していきます!

バカマツタケは、見た目は、マツタケとほぼ似ており香りに関しては、マツタケよりも強い、そして、食感マツタケとほぼ同じのようです!

ただし、個人的には、「ほぼ」という情報が多いので、味の違いが分かる人からしたら、すぐに違いが分かるのかもしれないと思いました!

ごく一部ではありますが、上記のように、バカマツタケを食べた人やキノコに詳しい人の投稿をみると、本家の「マツタケ」よりも美味しいとの反響もあるようです!

個人的には、少し疑ってしまいましたが、「ほぼ」という表現は、「同じ」と言っても良いのかもしれません!


バカマツタケ,キノコ

【その他の関連記事】
猛毒ニセクロハツはシイタケに似てる【画像】キノコ狩りでの注意事項!
ならまち糞虫館はどこ?営業時間や行き方と展示内容!名前の由来は何?
なんで電車遅延で駅員にキレる?日本人だけ怒るのはおかしくない?

値段と購入方法は?

値段と購入方法は?」ということについて、下記にご紹介していきます!

現時点では、まだ人工栽培バカマツタケは販売されていないので、値段に関する情報がありませんでした!

ただし、現在天然物バカマツタケは、マツタケよりも安く販売されており、100g2000円ぐらいであり、マツタケ3分の1から5分の1となっているようです!

さらに、スーパーなどでは、販売されていないようですので、時期などの条件により、料金はまちまちとなっているようです!

ちなみに、5月に採れるマツタケの偽物である「サマツタケ」というキノコは、香りがないにも関わらず、マツタケと同じように扱われており、100g10万円で販売されているようです!

やはり天然物となると、時期大きさなどで、料金が大幅に変わってくるようです!

上記のことを考慮し、人工栽培であるバカマツタケとなると、最初の頃は、100g1000円くらいの天然物半値で販売ということになるのではないでしょうか?

そして、その後の人工栽培規模仕組みなどの改善により、もっともっと値段は下がってくると思いますし、ちゃんと商品化する時は、バカマツタケではなく、別の名前で売り出すことになるのではないでしょうか?

さらに、販売方法としては、徐々に消費者に知ってもらうという目的で、インターネットなどの通販で販売して行くのではないでしょうか?

おそらく、販売が開始されたら、購入者が多く、すぐに在庫切れとなり、なかなか買うことができなくなるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

今回、「バカマツタケ」について、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます!

バカマツタケは、「馬鹿松茸」と書き、ハラタケ目キシメジ科キノコに分類されています!

この名前の由来は、高級食材である「マツタケ」と酷似していますが、松林ではなく、雑木林に生えることや、やや発生時期も早いため、馬鹿なマツタケということから命名されています!

そして、見た目は、マツタケとほぼ似ており香りに関しては、マツタケよりも強い、そして、食感マツタケとほぼ同じのようです!

現在天然物バカマツタケは、マツタケよりも安く販売されています!

100g2000円ぐらいであり、マツタケ3分の1から5分の1となっています!

そのため、人工栽培となるので、100g1000円くらいの天然物半値での販売になると思われます!

しかし、人工栽培規模仕組みなどの改善により、もっともっと値段は下がってくると思われます!

なお、販売方法としては、徐々に消費者に知ってもらうという目的で、インターネットなどの通販で販売して行くと考えられますが、最初は、すぐに在庫切れとなり、なかなか買うことができないと思われます!

しめじ」、「えのき」、「しいたけ」、「まいたけ」のように、一般のスーパーに並ぶようになるには、何年も時間がかかりそうですが、それが実現したら、これまでの食文化がまた変わっていくのではないかと思います!

スポンサーリンク