なぜ芦田愛菜のナレーションは関西弁じゃない?声が低く大人びた?

元人気子役の「芦田愛菜」さんは、NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」にて、ナレーションを担当し、そのナレーションにも視聴者から注目が集まっていました!

今回は、演技だけでなくナレーションも上手い「芦田愛菜」さんについて、Wikiプロフィール声が低く大人びたなぜナレーションは関西弁じゃないというキーワードで調べてみたので、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

芦田愛菜さんのWikiプロフィール

芦田愛菜さんのWikiプロフィール情報について、下記にご紹介していきます!

芦田愛菜さんは、母親から「楽しそうだから、やってみない」と勧められ、2007年3歳の時に芸能界に入ったそうです!

2009年ABC家族レッスン ショートムービー2 “だいぼーけんまま”」で子役デビューを果たしたそうです!

芦田愛菜,女優,元子役

名前:芦田 愛(あしだ まな)
愛称:愛菜ちゃん
生年月日:2004年6月23日
出身地:兵庫県西宮市
血液型:A型
職業:子役、タレント、歌手
事務所:ジョビィキッズプロダクション
レコード会社:ユニバーサルミュージック

参考元:Wikipediajobbykids

芦田愛菜さんは、「子役」として大変人気がありますが、4歳の時には「ひらがな」を全て読むことができ、幼稚園から小学校に入る前には1ヶ月で「60冊」も本を読破していたようです!

そんな芦田愛菜さんは、テレビドラマ「Mother」に出演し、「新人賞」を獲得するなど、高い演技力が評価され一気に認知度が上がったのですが、オーディション当時は、「5歳」であり、応募資格が「7歳」からだったので、最初は書類選考で落選していたようです!

しかし、事務所の関係者が「駄目もとでよいから」とオーディションを受けたところ、「台詞」、「質疑応答」が明らかに他の子供よりも良かったため、制作側キャスティングせざる終えなくなり脚本を一部変更したそうです!

芦田愛菜さんは、「5歳」の時から、子役としての才能が周りよりも秀でていたようです!

だいたいの子役時代に大活躍した子役たちは、成長すると活躍できないことが多いように思えますが、芦田愛菜さんは、女優歌手としても衰えることなく活躍しており、今後の活動も楽しみですね!

スポンサーリンク

芦田愛菜さんは声が低く大人びた?

芦田愛菜さんは声が低く大人びた?」ということについて、下記にご紹介していきます!

芦田愛菜さんは、2017年4月から芸能活動に理解のある「慶応義塾中等部」に入学しており、まだ中学生となります!

すでにベテランという感覚があり、「5歳」から芸能活動をしているからなのか、「えっ?まだ中学生だったの?」って感じがします!

そんな芦田愛菜さんの「」に関して、「声が低く大人びた?」という反響があるようです!

ごく一部の反響となりますが、上記のように、芦田愛菜さんの「」に関して、「声低い」、「低い声」、「月日の流れの音速さ」などの反響があるようですが、悪いイメージでなく、「成長したな」という親心的な意見のようです!

芦田愛菜さんのイメージとしては、「子役」の時の印象が強く残っていると思うので、「」や「容姿」や「身長」などの違いで「あれ?おかしい?変わった?」などの変化を感じてしまうのだと思います!

芦田愛菜,女優,元子役

裏を返せば、それほどの反響を浴びるのは、芦田愛菜さんの子役時代の活躍がものすごいモノであったということを証明しているんではないでしょうか?

合わせて読みたい!


なぜ芦田愛菜さんのナレーションは関西弁じゃない?

なぜ芦田愛菜さんのナレーションは関西弁じゃない?ということについて、ご紹介していきます!

NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」は、大阪が舞台です!

そのため、キャストは「関西弁」なのですが、ナレーションは、「関西弁」ではないので、下記のように疑問と期待が生まれているようです!

上記のように、芦田愛菜さんのナレーションに関して、「なぜ関西弁じゃないの?」、「関西弁喋って欲しいな」という反響があるようです!

芦田愛菜さんは、東京にいる時は「標準語」を話すようですが、出身地が「兵庫県西宮市」なので、「関西弁」も話すことができるそうです!

ちなみに、芦田愛菜さんは、出演映画である「円卓」では、関西弁を話して演じています!

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


まとめ

今回、「芦田愛菜」さんについて、調べた内容のまとめを下記にご紹介していきます!

芦田愛菜さんは、母親から「楽しそうだから、やってみない」と勧められ、2007年3歳の時に芸能界に入りました!

その後、2009年ABC家族レッスン ショートムービー2 “だいぼーけんまま”」で子役デビューを果たしています!

そして、2017年4月から芸能活動に理解のある「慶応義塾中等部」に入学しており、まだ中学生となります!

そんな芦田愛菜さんの「声が低く大人びた?」ということについて、課下記のように反響がありますが、悪いイメージでなく、「成長したな」という親心的な意見のようです!

声低い」、「低い声」、「月日の流れの音速さ

NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」は、大阪が舞台です!

そして、芦田愛菜さんは、東京にいる時は「標準語」を話すようですが、出身地が「兵庫県西宮市」なので、「関西弁」も話すことができるそうです!

そのため、「標準語」のナレーションに関して、「なぜ関西弁じゃないの?」、「関西弁喋って欲しいな」という反響があります!

演技力だけでなくナレーションも上手い芦田愛菜さんの今後の活躍を楽しみに、引き続き応援していきます。

スポンサーリンク