荒木絵里香の中学高校時代の若い頃もかわいい【画像】経歴が凄い?
LINEで送る
Pocket

荒木絵里香選手は、トヨタ車体クインシーズ所属の女子バレーボール選手であり、鉄人エリカというキャッチコピーがついています。

なお、学生時代から日本代表候補に選出される活躍をしており、中学高校時代の若い頃もかわいいと多くのバレーファンから言われいます。

そんな荒木絵里香選手について、Wikiプロフィール経歴が凄い中学高校時代の若い頃もかわいいという流れで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

荒木絵里香選手のWikiプロフィール

荒木絵里香,日本代表女子,バレーボール

名前:荒木 絵里香(あらき えりか)
愛称:エリカ
生年月日:1984年8月3日
年齢:36歳(2020年時点)
出身地:岡山県倉敷市
血液型:O型
身長:186cm
体重:79kg
所属:トヨタ車体クインシーズ

参考元:Wikipediaバレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

荒木絵里香選手は、父親早稲田大学ラグビー部のOBであり、母親体育教員という体育会系の一家に生まれ、小学校5年生の時にバレーボールを始めました。

なお、2018年女子バレー世界選手権34歳最年長での出場であり、世界をぶち抜く鉄人エリカファイティング・エリカというキャッチコピーがあります。

また、2013年6月18日元ラグビー選手四宮洋平さんと結婚、2014年1月和香ちゃんというお子さんを出産しており、ママさんバレーボール選手でもあります。

スポンサーリンク

荒木絵里香選手の経歴が凄い?

荒木絵里香選手は、日本女子メンバー代表として、最年長でありますが、今までの現役生活で大怪我などがなく鉄人エリカというキャッチコピーがぴったりの選手です。

荒木絵里香,バレーボール,女子,日本代表そんな荒木絵里香選手ですが、2013年での現役引退を考えていましたが、当時の全日本の監督であった眞鍋さんから熱心に勧誘され現役を続けることを決意したそうです。

そんな荒木絵里香選手の主な経歴は下記です。

高校時代

「春高バレー」優勝
「インターハイ」優勝
「国体」優勝

参考元:Wikipediaバレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

東レ・アローズ時代

2003年「全日本代表」初選出

2006年「ワールドグランプリ」スタメン
2006年「世界選手権」出場

2007年「アジア選手権」24年ぶり優勝
2007年「ワールドカップ」全試合出場

2008年「全国選手権」優勝
2008年「Vプレミアリーグ」初優勝
2008年「北京オリンピック」出場

2010年「世界選手権」銅メダル

2011年「モントルーバレーマスターズ」初優勝
2011年「全日本バレーボール選手権」優勝
2011年「Vプレミアリーグ」優勝

2012年「ロンドンオリンピック」28年ぶり銅メダル

参考元:Wikipediaバレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

荒木絵里香選手は、期限付きではありますが、海外でのプレー経験もあり、2008年9月~2010年5月までイタリアプロリーグ・セリエAベルガモへ移籍していました。

荒木絵里香,日本代表女子,バレーボールさらに、2009年5月~2013年5月まで全日本代表主将を務めており、ロンドンオリンピックでは、全日本女子28年ぶり銅メダルを獲得しています。

そして、個人としてもスパイク賞ブロック賞サーブ賞ベスト6敢闘賞MVPなどの賞を何度も獲得しています。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!


荒木絵里香選手は中学高校時代の若い頃もかわいい?

荒木絵里香選手は、小学5年生のバレーボールを始めた時に、すでに身長174cmありました。

中学時代には、アクエリアス杯選抜メンバーオリンピック有望選手に選出されました。

そして、成徳学園高校下北沢成徳高校)時代には、のちに日本女子バレー代表となる大山加奈選手らと、3連覇春高バレーインターハイ国体)を達成しています。

荒木絵里香,日本代表女子,バレーボール上記の高校時代の写真は見つかりましたが、中学時代の写真は見つかりませんでした。

荒木絵里香,日本代表女子,バレーボール

荒木絵里香,日本代表女子,バレーボール上記は、卒業後のの画像ですが、笑顔が素敵であり、かわいいというよりもきれいという言葉が合う感じがします。

そして、結婚し出産した後の荒木絵里香選手に対し、以下のような反響があります。

荒木絵里香選手は、元ラグビー選手の旦那さんである四宮洋平さんと結婚、和香ちゃんを出産、ママさんとして、若い頃よりもさらにキレイになられたのだと思います。

そんなママさんバレーボール選手ある荒木絵里香選手の今後の活躍を楽しみにこれからも応援していきます。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!